読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子供の自律を望む保護者様へ 自律に必要な4つの要素【前編】

家庭教育 教育理論 教育者育成 進路設計

親に言われないと子供が行動しない。だから,ついつい「~しなさい」と子供に言ってしまう。しかし,子供の将来を考えるとこのままではいけないと思っている。

学習面だけでなく生活面においても,子供自らが考え,行動し,人生を切り開いていってほしい。そのために親として何ができるのだろうか。このままの教育を続けていて良いのだろうか。

このような問題意識をお持ちの保護者様は,ぜひ本記事をお読みください。

自律に必要な4つの要素

まず自律という状態について分析してみましょう。何を達成できれば,子供自身で考え,行動・学習できるようになる=自律した状態になるのでしょうか。答えは次の4つです。これらを自力で行うことができれば,子供は自律します。

1.現状を把握できる

2.目標を設定できる

3.目標達成方法=対策を考えられる

4.対策を実行できる

それぞれについて,詳しく見ていきましょう。

1.現状を把握できる

何となく出来た気になっている,頑張った気になっているけれども,実際はそれほどでもないというケースは多いです。今,自分がどの位置にいるのか,どれくらい出来るのか,客観的に把握することが大切です。そうでなければ,最適な目標を設定したり,目標達成方法を考えたりすることが難しくなります。

例を挙げて考えてみます。「今ものすごくウォーキングを頑張ってるんだ!」と言いつつ,実は歩数を計ってみると,思ったほど歩いていなかったというケースは少なくありません。そして毎日5,000歩歩くだけで疲れているのに,「一日2万歩歩くぞ!」と不可能な目標を設定したり,「ウォーキングをこんなに頑張ってるのに痩せないということは筋トレも始めないと!」と無茶をして体を痛めてしまったりします。実は1万歩歩くことが,最適な目標達成方法だったということは十分にあり得ます。

学習も同様,一日2ページ進めるので精一杯なのに,その現状を把握できていなければ,「一日10ページ進めるぞ!」「基礎問題では足りない!応用問題をできるようにならないと!」など,見当違いの目標や目標達成方法に取り組みがちです。もちろん,このようなやり方では,目標達成は遠のいてしまいます。したがって,主観に囚われず,まず現状をありのままに把握することは非常に重要なのです。

まずは毎日,学習量・内容を見える化するだけでも,現状把握が可能になりますので,ぜひ試してみてください(詳細は以下関連記事をご覧ください)。

blog.terak.jp

2.目標が設定できる

将来どうなりたい,そのためにこういう進路を歩みたいという理想から逆算して,1年後,半年後・数か月後までに~をしようという目標を自分で掲げられるかも重要な要素です。目標設定が上手くいかない典型的なパターンは次の通りです。

(1)理想の設定自体が上手くいっていない

そもそも理想の設定が上手くいっていない,理想の実現を子供が心底望んでいないパターンです。具体的には「将来~になった方がいいわよ」「~高校に入れれば安心よ」など,親が子供に理想を押し付けたり,刷り込んだりしている場合などです。子供は表面的には同調していても,その理想の実現を心底望んでいるわけではありません。しかも子供自身も気づかないうちに親の理想=自分の理想と錯覚している,次第に自分の本当にやりたいことが分からなくなってしまっています。理想の実現を心底望んでいるわけではないので,そこから逆算して自発的にやるべきことを洗い出したり,目標を掲げたりすることは難しくなります

(2)目標設定方法が効果的でない

子供自身で理想は明確にできているが,目標設定の方法を知らない/目標設定が効果的でないために,挫折してしまうパターンです。「将来~になりたい」「~中学・高校に行きたい」と言う子供に話しを聞くと,全く目標を設定できておらず,行き当たりばったりで学習を進めている場合があります。あるいは「1ヶ月後に偏差値を20上げる」「全教科のテストで8割以上取る」など達成不可能な目標を挙げる場合もあります。

これらの場合,周囲の大人が目標設定方法についてアドバイスする必要があります。高すぎる目標を掲げても,道のりが遠すぎてやる気が起こらず,何も行動・学習しないという事態に逆戻りしますので,最初は小さな目標達成を積み重ね,コツを掴む・自信を高める必要があります。難なくクリアできるようになれば,徐々に目標を高く設定していきます(目標設定方法については,以下の関連記事をご覧ください)。

blog.terak.jp

周囲の大人ができることは,子供が心底実現したいと思える理想を持てるよう,子供の興味・適性を探ったり,理想から逆算して効果的な目標を設定できるようアドバイスしたりすることです。

自律に必要な4つの要素,残り2つについては【後編】でご説明します。

 

※10月第2~3週頃に,自律学習支援サービスを1ヶ月間無料で体験いただけるイベントを告知予定です。ぜひブログを覗いてみてください。

 

 

関連記事リンク一覧

blog.terak.jp

blog.terak.jp

blog.terak.jp