子どものやる気を引き出すのは塾の役割?

色々な保護者の方と話していると,「子どものやる気は塾が引き出してくれる」と思っていらっしゃる方もいるように感じます。

実は,子どものやる気を塾で引き出せる場合と,引き出せない場合があります。両者の差は,子どもが素直に先生のアドバイスを聞けるかどうかによって生まれます。

【子どもが素直に先生のアドバイスを聞ける場合】

「そういう解き方もあるな~」「今度使ってみよう!」というように,新しい知識や考え方をどんどん吸収・活用していくことができます。すると解ける問題が少しずつ増えてきて,勉強の楽しさに気づき始めます。

最初は「勉強嫌い!」「家でも絶対やらない!」と言っていた子も,「あれ?前より勉強が嫌じゃなくなってきたかも」というように感じ方が変わってきます。

次第に宿題を出しても取り組めるようになってきて,テストの点数も伸び始めます。この段階まで到達すれば,勉強に対するやる気は自然と出てきます。

【子どもが素直に先生のアドバイスを聞けない場合】

「ふ~ん」「でもこっちのやり方がいいし!」と自己流にこだわるため,新しい知識・考え方を吸収したり,学習法を改善したりすることができません

宿題を出してもやってこないので,当然成果も出ません。

勉強がおもしろくないままなので,やる気も出ません

もちろん,講師として子どもに信頼してもらえるように努力はしますが,それでも素直に話を聞いてくれない子は少数ながらもいるものです。

素直かどうかは,元々の性格によるところもありますが,家庭教育でも変えられる部分です。

親が子どもに「~しなさい!」と日ごろからガミガミ言ったり,勉強を無理やり教えて,親のやり方を押し付けても成果が出なかったりした場合,反抗心が大きくなり,素直さが半減します。

「大人はいつもガミガミ叱る」「どうせ言うことを聞いても勉強ができるようにならないんでしょ?」と斜に構えるようになりますので気をつけましょう。

ここまでこじれる前に,塾に入れる(=第三者に勉強を見てもらう)ことをおすすめします。

素直な子でも,部活や自分の好きなことに気を取られ過ぎていたり,いつも時間に追われ体力・精神面の負担が大きく,勉強どころではなかったりする場合は,やる気を引き出すのが難しいです。

その場合は,勉強をお休みして,部活や好きなことに集中したほうが良いと思います。また時間に余裕ができたり,気持ちが変わったりしたときに,勉強を再開したほうが効果的です。

このように,子どものやる気を塾で引き出せる場合もありますが,引き出せない場合もありますので,お子様の様子を見たり,「本当はどうしたいの?」「勉強できるようになりたいの?」「今は部活を頑張りたいの?」などと話し合ったりしながら,塾に行くかどうかや授業数などについて決めましょう

 

★イベント情報

ご予約内容の選択|合同会社テラック

 

★著者プロフィールはこちら

多田 淑恵 lit.link(リットリンク)

 

【関連記事】

blog.terak.jp

blog.terak.jp

 

【関連放送】

stand.fm

stand.fm

「早く解きなさい!」と子どもを急かすと,考える力が育たない

子どもが問題を解くのに時間がかかっていると,イライラして「まだ考えてるの?早く答えを出しなさい」と急かしたり,子どもに答えを教えてあげたりする親がいます

しかし,このような接し方をしていると,子どもの学力は伸びなくなります。学年が上がるにつれて,見てすぐに解き方がわかる問題は減り,じっくり考えないと解けない問題が増えてくるからです。

考える時間が長いと非効率的だと考え,子どもに早く答えを求めるよう急かす保護者の方がいらっしゃいますが,これでは子どもの考える力が育たず,学年が上がるにつれて成績が下がってしまいます。

※すぐに取り組めるはずの計算や漢字の問題に対して時間をかけて,ダラダラしている場合などは,お声掛けいただいて構いません。「5分でこのプリントをやろう!」というように時間制限を設けて,効率的に取り組めるように促しましょう。

「よく考えているね~」「もし答えが出なくても、自分で考える姿勢が大切だよ」「問題文からわかることは他にないかな?」「もうちょっと考えてみよう!」などと子どもに伝え,粘り強く考えるよう導きましょう

答えをすぐに教える保護者の方もいらっしゃいますが,人から聞いた答えは記憶に残りにくいため,たとえ時間がかかっても,子ども自身で考えたり調べたりすることが大切です。

考えたり調べたりする時間が取れないくらい,日々忙しいという場合は,習い事の数や塾の授業数が多すぎないか,子どもに難しいことをやらせすぎていないかを確認してください。

やるべきことが多いと,一つ一つに時間をかけられず,どれも中途半端になってしまいます。取り組みの数を絞ったり,難易度を下げたりすることで,吸収率が上がるため,子どもの様子を見ながら調整するようにしましょう。

「自分で考えたり調べたりするのが楽しい!」「コツコツ取り組んでいたら,できるようになってきた!」と子ども自身で感じられるようになれば,やる気も高まり,自然と学力も高まるはずです。

 

★イベント情報

ご予約内容の選択|合同会社テラック

 

★著者プロフィールはこちら

多田 淑恵 lit.link(リットリンク)

 

【関連記事】

blog.terak.jp

blog.terak.jp

 

【関連放送】

stand.fm

stand.fm

「悪いことをしている!」と子どもの行動を決めつけていませんか

親子向けの講座や保護者向けセミナーを開催していると,親の声掛けが子どもに影響を与えていると感じることが多くあります。

子どもが心を閉ざしてしまったり,思春期に反抗期がひどくなってしまったりする原因として,「親が子どもの行動を決めつけている」ことが挙げられます。

例えば,こんなことがありました。中学一年生の男の子が,お友達と楽しくじゃれ合っていました。会うのが久しぶりだったようで,お互いに突っ込みを入れ合ったり,和気あいあいとした雰囲気で歓談していました。

すると,それまで別の場所に居たその子の親が突然戻ってきて,「こら!いじめない!」と声掛けしました。一瞬にして空気が悪くなり,男の子はしゅんとしてしまいました。お友達も気まずそうな表情になり,楽しい雰囲気が一変してしまいました。

「いじめる」と表現することは,親が子どもの行動を「悪いこと」と決めつけているようなものです。じゃれ合っている一瞬の場面を見て,「いじめている」と判断するのではなく,子どもたちの関係性や雰囲気,前後のやり取りなどを汲み取ることが大切です。

本当にお友達が苦しそうな様子だったり,子どもがお友達に暴力をふるっていたりする場合は叱ってやめさせることも必要です。しかし,楽しそうな雰囲気でじゃれ合っているのであれば,「久しぶりの再会で嬉しそうだね!」「~くん,苦しくない?大丈夫?」などと現状を把握するための声掛けをしましょう。「お友達が苦しそうにしていたら止めてね」などと,先に声掛けしておくのも良いでしょう。

一瞬の場面を切り取り,子どもの行動を悪いことだと決めつけ,皆の前で注意すると,子どもは深く傷つきます。「こら!」「悪い子!」「いじめない!」などと一言で済ますのではなく,子どもの気持ちやその場の雰囲気を考慮した上で,声掛けの仕方を工夫しましょう

 

★イベント情報

ご予約内容の選択|合同会社テラック

 

★著者プロフィールはこちら

多田 淑恵 lit.link(リットリンク)

 

【関連記事】

blog.terak.jp

blog.terak.jp

 

 

【関連放送】

stand.fm

stand.fm

学習効果を最大化するには?インプットとアウトプットのバランスが鍵

成績が上がらないからと言って,塾の授業数を増やすご家庭があります。しかし実際のところ,授業数を増やしても,成績が上がらないことがほとんどです。

なぜかというと,成績を上げるためにはアウトプット(=自分で問題を解くこと)が大切だからです。

塾の授業数を増やすと,解説を聞くことができるので,確かにインプットは増えるかもしれません。しかし,アウトプットについては,自分で意識して時間を確保する必要があります。塾の授業数を増やしても,通常アウトプットの時間は増えません

学習効果が高いインプットとアウトプットの割合は?

インプットとアウトプットがそれぞれどれくらいの割合のとき,学習効果が高まるのでしょうか。

コロンビア大学で,覚えるべき事柄をインプットする時間とアウトプットする時間を計り,実験者たちがどれくらいの割合のときに一番成績が高いのかを計測する実験が行われました。結果,インプットの割合が3割,アウトプットの割合が7割のときに,最も記憶に定着することがわかったそうです。

例えば,こんなことがありました。現在中学3年生のAくんは,成績がずっと横ばいで,中学2年生の秋ごろから焦り始め,当時通っていた集団指導塾の授業数を大幅に増やしました。しかし,1年経っても成績はほとんど変わりませんでした

私の教室に通い始め,私が指導を担当したところ,圧倒的なアウトプット不足であることが見て取れました。

  • 英作文で細かな部分を間違えてしまう
    • 解説を聞けば理解できるが,自分で文法規則を適用したり,前置詞・副詞を使用したりする際にミスしてしまう
  • 数学の問題を解くのに時間がかかりすぎる
  • 答えを見れば理解できるが,自分で解法を思いつくことが難しい

これらはアウトプットが不足しているときに見られる傾向です。自分で実際に問題を解き,問題に慣れたり,コツを掴んだりすることで改善されます。

Aくんは理解力が非常に高く,塾の授業を聞いて理解できるけれども,問題演習の量が足りず,テストで点数を取ることができなかったのです。

塾の授業数を増やしても,聞いて終わり,すなわちインプットのみだと実力は高まりません。自分で問題を解く,間違えたところは自力でできるように解き直すといったアウトプットをして初めて実力が付きます

成績が伸びないとき,インプットのみで終わっていないか,アウトプットができているか,インプットとアウトプットのどちらが足りていないかをぜひ振り返ってみてください。

 

★イベント情報

ご予約内容の選択|合同会社テラック

 

★著者プロフィールはこちら

多田 淑恵 lit.link(リットリンク)

 

【関連記事】

blog.terak.jp

blog.terak.jp

 

【関連放送】

stand.fm

stand.fm

受験での1点の重要性とミスの厳しさ~その1点のミスが命取り!

「ここはミスだったから」「本当はできたんだよ」というようにミスを軽くとらえている子どもが少なくありません。しかし,受験においてこのような姿勢は命取りです。

受験では,1点の差に何十人もがひしめき合っています。1点でも合格点に足りないと,不合格になってしまいます。その1点がミスであっても,問題がわからないから取れなかった点数であっても,容赦なく得点で判断されます

私の同級生で,東大に1点差で落ち,浪人した子がいました。たった1点足りないだけで,1年を棒に振ったのです。もちろん,浪人生時代に学んだことも多々あったかもしれませんが,時間もお金もかかり,プレッシャーを1年間感じ続ける生活は,なるべく避けて通りたいものでしょう。

このような話を生徒さんにすると,「何で1点足りないってわかったの?」(東大では,受験生が希望すれば入試の際の得点を教えてもらうことができます)「浪人って何?」というように興味津々で質問してくれます。質問に答えると,「え~1点足りないだけで,もう1年勉強し続けないといけないの!?」「そんなの嫌だ」「1点って大事なんだなぁ」と言う子が多いです。

ミスをしないように叱るよりも,なぜミスをしないことが大切か,1点の重要性について子どもに話した方が,心に響くかもしれません。特に中学入試の場合は,初めて受験する子も多いので,このような話を事前にしていただくと心づもりができて良いと思います。

体調を万全に整え,ミスをしないように気を付けて,入試本番で実力を出し切ってきてほしいです!

 

★イベント情報

ご予約内容の選択|合同会社テラック

 

★著者プロフィールはこちら

多田 淑恵 lit.link(リットリンク)

 

【関連記事】

blog.terak.jp

blog.terak.jp

 

【関連放送】

stand.fm

stand.fm

将来の夢が決まったきっかけ、どのくらいまでに将来の夢を決めておくのがいいのか

先日,とある中学校でキャリア教育の授業を行いました。その際に中学生から様々な質問をいただきました。同じような疑問を持たれている方もいるかもしれないので,ブログでも回答をまとめておきたいと思います。

今回の質問

  • 小さいときの将来の夢は何でしたか。
  • 将来の夢が決まったきっかけを教えてください。
  • そのくらいまでに将来の夢を決めておくのが良いのでしょうか。

将来の夢はずっとわからなかった

将来何になりたいかは実はずっとわかりませんでした。ただ,その時々に好きなことを見つけ,追い求めてきました。

小学生時代:国語や作文,絵を描くことが好き

→自分で絵本を創作したり,漫画を描いたりしていた。

中学生時代:英語が好き

→中2で英検2級取得。2週間,アメリカでホームステイを経験。

大学・大学院時代:言語が好き,教育にやりがいを感じる

→日本語,英語以外の言語もマスターしたいと思い,ドイツ語を学ぶ。ドイツの大学に1年間交換留学。家庭教師,塾講師のアルバイトで教育のおもしろさに気づき,留学期間を除く5年間,教育業界に従事。

昔から,言語や言葉に興味がありましたが,それをどのように仕事に生かせるかわかりませんでした

「外国語を使う仕事って何だろう?」と自分なりに考え,同時通訳,翻訳家,外交官,商社勤務などを検討したこともあります。しかし,詳しく学んだり,就職活動をしたりする中で,「やはり違うな」と感じ,自分の好きなことがどうやったら仕事に結びつくか,そのときはわからないままでした。

大学院修了後,大手IT企業に就職しましたが,教育事業のやりがいが忘れられず,自分で起業することにしました。

様々な教育プログラムを提供する中で,国語や英語の指導も続け,「この部分で行き詰っている子が多いな」「世の中にこんな教材があればいいのにな」と考えることが増え,教材の企画・開発をするようになりました。その結果,英文法ドリルを出版するに至りました。

自分が好きで打ち込んできた,国語,作文(=教材執筆),英語,教育がこのような形で仕事になるとは,大学生の頃は想像もしていませんでした。

私もやりたいことがまだまだたくさんあり,それをどうやったら形にできるか現時点ではわかりませんが,その時々のやりたいことに夢中に取り組んでいれば,自然と道は開けてくるのではないかと思います。最近,思ってもみなかった仕事もいただくことが増え,それらに取り組む中で,新しい人とのつながりができたり,自分の好きなこと(・嫌いなこと)がより明確になったり,さらに世界が広がりそうです。

「将来〇〇になりたい!」と,はっきりわからなくても大丈夫です!色々な体験をして自分が好きなことを見つけ,それに打ち込めば,どのような形で将来の仕事につながるか今はわからなくても,きっと道は開けるはずです。

 

★イベント情報

ご予約内容の選択|合同会社テラック

 

★著者プロフィールはこちら

多田 淑恵 lit.link(リットリンク)

 

【関連記事】

blog.terak.jp

blog.terak.jp

 

【関連放送】

stand.fm

stand.fm

中学2年生からの質問「我慢強くない方なのですが,どうしたら諦めずに続けられるか」

とある中学校でキャリア教育の授業を担当させていただくことになりました。せっかくなら,生徒さんたちにとって有意義な時間になるといいなと考え,私のプロフィールを見ていただき,事前質問を募集しました。

たくさんの質問をいただき,感激したのと同時に,「自分もこういうことで悩んでいたな~」「中学生は悩み多き時期だよなぁ」と懐かしく思い出しました。

他の子どもたちも同じようなお悩みを抱えているかもしれないと思い,質問の一部と回答をブログにまとめることにしました。

今回は「我慢強くない方なのですが,どうしたら諦めずに続けられるか」という中学2年生からの質問に答えたいと思います。

「本当にやりたいことか」を考える

「我慢」という言葉が出てくるとき,実は本当はやりたくないことをやっている可能性があります。本当に自分がやりたいこと,実現したいことの場合,あまり我慢しているとは思わないような気がします。

例えば,私は東大に合格したかったので,高校時代には進んで勉強しました。遊びの誘いを断ったり,テレビを見たり,ゲームをしたりもしませんでした。そして,1日10時間は勉強するようにしていました。

しかし,それは自分にとって「我慢」ではありませんでした。東大に合格した先のことを思い浮かべ,一人でワクワクしていました。

本当にやりたいこと,実現したいことであれば,そのための努力は自分にとって「我慢」ではなく,「自然とついやってしまうこと」「強制されなくても自ら取り組んでしまうこと」のはずです。

だから,「我慢」という言葉が自分から出てくるとき,本当にそれはやりたいことなのか,心の底から実現したいことなのかを自問自答してみましょう。

夢や目標を実現するには相応の対価が必要

夢や目標を実現するためには,それ相応の努力が必要です。例えば,いくら東大に行きたいという気持ちが強くても,「勉強する」という行動を起こさなければ,現実は変わりません。

目標に向かって行動し続ける中で,辛いとき,もう辞めてしまいたくなるときも,もちろんあるでしょう。私も,模試の結果に落ち込んだり,勉強が嫌になって参考書を見たくもないときもあったり,何度も「もう辞めたい」と思ったことがあります。

このように一つのことを続けていると,モチベーションの波やスランプは誰しも経験します。いくら自分がやりたいこと,好きなことであっても,辞めたくなるとき,投げ出したくなるときはあるものです。

そこで諦めずに,もうひと踏ん張りできるかは重要です。それは「その夢や目標をどのくらい達成したいか」という想いの強さにかかっていると感じます。

「本当にそれは成し遂げたいことなのか」を自問自答し,必ず叶えたい夢や目標であれば,それが叶ったときのことをイメージし,時には休みを挟みながらも,「もうひと踏ん張り!」を繰り返しましょう。そうすることで,いつの間にか「我慢強く」なっているはずです。

 

★イベント情報

ご予約内容の選択|合同会社テラック

 

★著者プロフィールはこちら

多田 淑恵 lit.link(リットリンク)

 

【関連記事】

blog.terak.jp

blog.terak.jp

blog.terak.jp

 

【関連放送】

stand.fm

stand.fm

作文や小論文に取り組むことでコミュニケーション力が向上する?

『仕事ができる人はやっている!他人との「コミュニケーション障害」を克服する方法』という興味深い記事を見つけました。
https://www.lifehacker.jp/article/2311_book_to_read-1352/

本記事では,仕事ができるようになるために必要なコミュニケーション力について書かれていますが,読み進めるうちに,「これって受験の作文や小論文でも同じことが言えるなぁ」と気づきました。

コミュニケーション障害は以下の3つに大別されるそうです。

3つのコミュニケーション障害
①言っていることの意味がわからない
②言っていることを誤解する
③言っていることはわかるが、理解したくない。やりたくない

①と②は特に,まさに受験の作文や小論文が書けない要因と合致します。
(③に関して,仕事では実際に業務を行いますが,作文・小論文では問題文に書かれていることを日常生活で実行に移すことはないので,今回は省きます。)

「①言っていることの意味がわからない」について,作文・小論文を書くとき,問題文にわからない言葉が含まれていたりして,きちんと意味を理解できていない場合があります。この場合,わからない言葉を易しい言葉に言い換えれば解決しますが,本記事は「その言葉が示すことを経験したことがない」可能性も示唆しています。

たとえば「がんばったら報われる」ということばは、がんばったことのない人、報われたことのない人には理解されないわけです。

「読書を通して,物の見方が変わった経験を挙げなさい」というような作文・小論文のテーマが出題されたとき,このような経験がなければ,本当の意味で問題文を理解するのは難しいでしょう。

勉強以外にも色々な経験をして,視野を広げたり,自分なりに出来事を解釈したりすることが大切です。

「②言っていることを誤解する」については,語彙力が不足していて問題文の意味を勘違いしてしまったり,注意深く読み解けておらず思い込みで解釈してしまったりする子が少なくありません。

語彙力を付け,出題者の意図をきちんと理解する,様々な経験を通して物事を多面的に見ることができるようになれば,作文・小論文が書けるようになるだけでなく,「①言っていることの意味がわからない」「②言っていることを誤解する」という2つのコミュニケーション障害を克服できます。作文・小論文に取り組むことで,コミュニケーション力の向上も期待できると言えるでしょう。

 

★イベント情報

ご予約内容の選択|合同会社テラック

 

★著者プロフィールはこちら

多田 淑恵 lit.link(リットリンク)

 

【関連記事】

blog.terak.jp

blog.terak.jp

blog.terak.jp

 

【関連放送】

stand.fm

stand.fm

中学2年生からの質問「自分を信じるためにはどうすればいい?」

来月とある中学校でキャリア教育の授業を担当させていただくことになりました。せっかくなら,生徒さんたちにとって有意義な時間になるといいなと考え,私のプロフィールを見ていただき,事前質問を募集しました。

たくさんの質問をいただき,感激したのと同時に,「自分もこういうことで悩んでいたな~」「中学生は悩み多き時期だよなぁ」と懐かしく思い出しました。

他の子どもたちも同じようなお悩みを抱えているかもしれないと思い,質問の一部と回答をブログにまとめることにしました。

今回は「自分を信じるためにはどうすればいいですか」という中学2年生からの質問に答えたいと思います。

とにかく行動を起こす

「自信がないから行動できない」という人がいますが,「行動しないから自信がつかない」のだと思います。「こんなふうになりたいな」「こう変わりたいな」という思いが少しでも湧いたら,「でもどうせできないし」と否定して現状維持するのではなく,何か行動に移してみてください。

例えば,「もっと勉強ができるようになりたいな」と思ったとします。「でもどうせできるようにならないし」とやる前から諦めてしまい,行動を起こさなければ,勉強はできるようにならないままです。「1日10分必ず勉強する」「英単語(漢字)を毎日1つ覚える」「計算問題を毎日1問は必ず解く」というように決め(できるのであれば時間や量を増やしてももちろん構いません),行動に移しましょう。

自分との約束を守る

「毎日これだけはやる!」と決めたことは,自分との約束事です。これを守ることで,自分を信じることができるようになります

「毎日これだけはやる!」と決めたのに,口先だけで行動が伴わないと,自分を信じられるようにはなりません

「これからは必ず〇〇をする」と簡単に言う生徒さんが多いですが,無謀なこと・達成が難しいことを軽く考えてしまっていることも少なくありません。(このような場合,私は生徒さんに「それ,本当にできる?」「できないと意味ないからね」「自分との約束をきちんと守れる?」と声掛けするようにしています。)

「必ず〇〇する(=少し頑張れば実行できること)」と自分で決めて,それを守りましょう。1週間,1か月,半年......と続けるうちに自信が付き,思い描いた夢や目標に近づくことができます。1週間,1か月,半年というように継続できたら,ぜひ自分で自分を褒めましょう

日常生活の中で意識してもらえるとうれしいです!

 

★イベント情報

ご予約内容の選択|合同会社テラック

 

★著者プロフィールはこちら

多田 淑恵 lit.link(リットリンク)

 

【関連記事】

blog.terak.jp

blog.terak.jp

 

【関連放送】

stand.fm

stand.fm

高卒・大卒のちがいを子どもにどう説明する?【進路相談・設計】

最近,中学3年生の生徒さんの保護者の方から,進路についてご相談を受けました。「子どもが高校を卒業したら働こうとしているけれど,親としては大学まで行った方が良いと思う」「でも,子どもにどう伝えて良いかわからない」とのことでした。

高卒・大卒のどちらが良いかは人によってちがう

その生徒さんは,苦手な教科があったり,理解するのに時間がかかったり,勉強自体はそこまで得意ではありません。

しかし,学ぶこと自体が好きで,楽しんで考えたり,新しい問題にチャレンジしたり,知的好奇心が旺盛です。またプログラミングが非常に得意で,自分で作品アイデアを考え,プログラミングして素晴らしい作品を作り上げることができます。

生徒さんが「大学に行ったら,また勉強しないといけないんでしょ?」とおっしゃっていたので,「高校までの勉強と,大学での勉強は違うよ」「大学では,自分の好きなことをとことん勉強できるんだよ」と話しました。「プログラミングを4年間勉強してもいいんだよ!最高じゃない?」と話すと,目を輝かせていました。

学ぶこと自体が嫌いな子,研究して深掘りしたい分野が特にない子は,大学での勉強が苦痛になってしまうと思います。その場合は,高卒で働いた方が良いかもしれません。

高卒・大卒の現実を伝える

高卒・大卒の現実的なちがいについても,ありのまま生徒さんにお話ししました。

  • 高卒だと就職できない企業,取得できない資格がある。
  • 大卒の方が就職・仕事の幅が広がる。
  • 高卒だと転職するのが難しい。
  • 大卒と高卒で担当できる仕事がちがったり,昇進スピードに差が出たりする場合がある。
  • 高卒の方が働き始めるのは早いが,実は大卒の方が生涯年収が高い。

職業によっては(職人や現場密着型の仕事など),このような違いが一切なく,むしろ高卒で早くから働いた方が有利な場合もあるかもしれません。

このようなことを伝えると,中学3年生の生徒さんは,「自分は大卒の方が合っていると思う」という考えに至ったようです。

「高卒・大卒について考えたこともなかったし,知らないことばかりだった」「何だか大人になったな~って感じ!」と嬉しそうにおっしゃっていました。

大学では一人暮らしをしないといけないものと思い込み,金銭面の心配もされていたので,「この近くだと静岡大学や静岡文化芸術大学があるよ」「家からバスで通えるから,一人暮らししなくていいんじゃない?」と伝えると,ホッとした表情をされていました。

高卒・大卒のちがいを知らずに,進路を選んでしまうと,大人になったときに後悔してしまう可能性があります。ぜひ現実的な話をした上で,どのような進路を歩むかを子ども自身に決めてもらいましょう!

 

★イベント情報

ご予約内容の選択|合同会社テラック

 

★著者プロフィールはこちら

多田 淑恵 lit.link(リットリンク)

 

【関連記事】

blog.terak.jp

blog.terak.jp

 

【関連放送】

stand.fm

stand.fm