『Learn Better』から学ぶ効果的な学習法⑩~地頭の良さよりもメタ認知が大切

『Learn Better――頭の使い方が変わり、学びが深まる6つのステップ』(アーリック・ボーザー著/英治出版)をもとに,効果的な学習法について探ります。

Learn Better――頭の使い方が変わり、学びが深まる6つのステップ

Learn Better――頭の使い方が変わり、学びが深まる6つのステップ

 

学習においてメタ認知が大切

同じ量や時間の学習をしていても,成績が上がる子どもとそうでない子どもがいます。その違いは何でしょうか?地頭の良し悪しでしょうか?

『Learn Better――頭の使い方が変わり、学びが深まる6つのステップ』では,学習において重要なのは,地頭の良さではなくメタ認知であると述べられています。

メタ認知とは思考についての思考のことで、広い意味では自分が物事をどう理解するかを理解することを指す。頭の中に別の視点を作り、思考している自分を自覚することである。

具体的にメタ認知とは,次のような取り組み・考え方のことです。

  • 問題をどのような視点からとらえるかをじっくり考える
  • 自分の答えに筋が通っているかどうかに感覚を研ぎすませる
  • どうやって答えにたどりついたかを内省する

研究者のマーセル・ヴィーマンによると,メタ認知ができる学生の方が,IQの高い学生より試験の成績が上回る場合があるとのことです。

一つ一つの課題にじっくり向き合うことが大切

学習量や時間を増やせば成績が上がると考え,早く答えを知りたがる生徒さんや,それを良しとする保護者の方が少なくありませんが,それでは学習の成果が表れにくいです。答えを一度聞いて分かったつもりになっても,いざ自分で問題を解こうとすると難しいのは,理解しきれていないからです。一つ一つの問題について,理解しきれるまでじっくり向き合わなければ,その問題から得られることが少なく,結果として学習効率が下がってしまいます。

学習にまつわる最大の問題の一つが、メタ認知の不十分さだ。私たちは知らないことを理解するために最善を尽くしていない。そして知っていることについては過信している。だから問題は、学んだ先から忘れていくことではない。熟考について熟考しないことだ。理解するためにもう一歩踏み込んでいないのだ。

「どうしてこの答えになるのかな?」「どうやったらこの解き方が分かるんだろう?」「本当に理解できたかな?もう一度何も見ずに解いてみよう」など,自分自身に問いかけながら,学習を進めることで成果が出やすくなるでしょう。

 

【関連記事】

blog.terak.jp

blog.terak.jp

blog.terak.jp

『Learn Better』から学ぶ効果的な学習法⑨~勉強しているのに成績が上がらない原因と対処法

『Learn Better――頭の使い方が変わり、学びが深まる6つのステップ』(アーリック・ボーザー著/英治出版)をもとに,効果的な学習法について探ります。

Learn Better――頭の使い方が変わり、学びが深まる6つのステップ

Learn Better――頭の使い方が変わり、学びが深まる6つのステップ

 

勉強しているのに成績が上がらないのはなぜ?

「長時間勉強しているのに成績が良くなりません」「本人もやる気があり,たくさん勉強しているのですが……」という相談をよく受けます。このような場合,問題をこなすことで分かったつもりになっている,すでに分かっている部分・まだ分からない部分を明確にできていないことが多いです。

  • 量をこなせばいいと思っている
  • 宿題をやりさえすれば大丈夫だと思っている
  • 答え合わせがいい加減になっている
  • 同じ間違いを繰り返している

このような考え方・取り組み方では,長時間学習しても内容が身に付かず,成績が上がらないままです。

小テストで理解度を確認する

子どもが分かったつもりになっている,宿題をやることで満足してしまっているときは,ぜひ小テストを実施して理解度を確認しましょう。『Learn Better――頭の使い方が変わり、学びが深まる6つのステップ』では,小テストの利点について次のように書かれています。

[……]テストの利点は、明確化・フィードバック・判定だ。つまり、テストによって自分のわからないところが具体的に理解できる。この手法の威力は大きい。例えば会計学の試験に落ちたら、会計学をもっと勉強しなければならないとわかる。

「宿題やってきたからできるよ!」と自信満々な子どもも,小テストを実施してみると,「あれ?意外と点数が取れなかったな」「どうやって解くんだったかな~?まだまだ復習が必要だな」と気づくことが多いです。小テストを実施することで,このように子どもに気づくきっかけを与えることができます。本書によると,実はスキルや知識の習得が上手な人は,頭の中で頻繁に自身でテストを行っているそうです。

家庭教育でも小テストを実施したり,「今日勉強したことを教えて?」「この問題の解き方はどうだったかな?」と声かけして理解度確認を行うことで,スキルや知識を効率的に習得できるようになるでしょう。

 

【関連記事】

blog.terak.jp

blog.terak.jp

『Learn Better』から学ぶ効果的な学習法⑧~個人指導が効果的な理由

『Learn Better――頭の使い方が変わり、学びが深まる6つのステップ』(アーリック・ボーザー著/英治出版)をもとに,効果的な学習法について探ります。

Learn Better――頭の使い方が変わり、学びが深まる6つのステップ

Learn Better――頭の使い方が変わり、学びが深まる6つのステップ

 

なぜ個人指導が効果的なのか?

本書では,知識を習得する上で個人指導が効果的であると述べられています。それはなぜでしょうか。

① 生徒の動機づけがしやすいから

学習の成果を出すにあたって,「なぜ勉強をするのか」「その教科は自分にとってどんな役に立つのか」「どのように生活と関連しているのか」など,生徒の動機づけを行うことが非常に大切です。個人指導の場合,先生が生徒とコミュニケーションを取る中で,生徒の考えを上手く引き出し,学習に対する動機付けを行いやすくなります。

また個人指導の場合,先生と生徒の間に個人的なつながりの感覚が生まれやすく,そのような側面からも生徒のがんばりを後押しすることができます。

② 生徒の知識レベルに応じて,指導の的を絞りやすいから

個人指導はその内容を生徒の知識レベルに合わせられるため,非常に的が絞られます。

[……]例えば一対一授業で生徒が分数について勘違いしていたら、先生は授業を止めて説明するだろう。[……]個人指導に効果があるのは、生徒がわかっていることを土台にするからだ。先生は私たちがすでに理解していることに合わせて情報をくれる。

学習が上手くいかずに行き詰っている生徒の場合,個人指導はもちろん効果的です。一方で学習が上手くいっている生徒についても,すでに理解している部分は飛ばして内容を先に進めたり,より良い学習法について話し合ったりできるので,個人指導であれば短時間で成果を出しやすいでしょう。私の教室でもこのような理由から,生徒さん一人一人の理解度に応じて,授業内容や進め方を調整する指導方式をとっています。

ご家庭でも,なぜ勉強するのかについて話し合ったり,分からないところはないか・どこから分からないかについて子どもに質問してみたりすることで,①②を補えるかもしれません。学習の成果を出すために,ぜひ子ども一人一人に合った教育を心がけましょう。

 

【関連記事】

blog.terak.jp

blog.terak.jp

blog.terak.jp

 

『Learn Better』から学ぶ効果的な学習法⑦~計画を立てて学習することの重要性

『Learn Better――頭の使い方が変わり、学びが深まる6つのステップ』(アーリック・ボーザー著/英治出版)をもとに,効果的な学習法について探ります。

Learn Better――頭の使い方が変わり、学びが深まる6つのステップ

Learn Better――頭の使い方が変わり、学びが深まる6つのステップ

 

計画を立てることの重要性

私のところには,学習でつまずいている生徒さんが多く相談に来ますが,次のようなやり方で学習をしていることが多いです。

  • 学習目標を持っていない
  • やり方を考えずに手当たり次第に学習する
  • 塾の授業を聞いてお終いになっている
  • どの教科も苦手なのに全て満遍なく学習する
  • 計画を立てずにそのときに思いついた内容を学習する

本書では,学習の効果を出すためには,目標を持ち,計画を立てて学習することが重要だと述べられています。

[……]私が言いたいのは、何も考えずに学習してはいけないということである。[……]学習の入り口の段階では、プロセスをしっかり管理する必要がある。学習とは要するに一種の知識の管理である面が強い。すなわち目標設定、計画策定、前提となるスキルの習得、習得したい専門知識の絞り込みを行うということだ。

なぜ学習内容の絞り込みや計画が必要か?

ジョン・スウェラーをはじめとする研究者らは,学習が行われる場所は短期記憶であることが多いと証明してきました。知識を習得するためには,知識やスキルをできる大きさに分割し,一つひとつの習得に集中して,長期記憶にしっかり保存されるようにする必要があると本書では述べられています。

先ほど述べた以下のような学習法では,短期記憶から長期記憶に変えることができず,学習の効果が表れにくいでしょう。

  • 学習目標を持っていない
  • やり方を考えずに手当たり次第に学習する
  • 塾の授業を聞いてお終いになっている
  • どの教科も苦手なのに全て満遍なく学習する
  • 計画を立てずにそのときに思いついた内容を学習する

学習の効果を出すために,次のようなことに気を付けてみましょう。

  • 学習目標を持つ
  • 知識やスキルを定着させる仕組みを考える (例)単語帳を活用する,間違えた問題を解き直す,ノートにポイントをまとめる
  • 塾の授業内容を自宅でも復習する
  • 必要に応じて取り組む教科を絞り込む (例)まずは数学だけ取り組む→慣れてきたら英語も増やすなど
  • 学習目標から逆算して日々の計画を立てる

短期記憶から効率的に長期記憶に変えることができれば,その分学習時間も短くて済みます。ぜひ試してみてください。

 

【関連記事】

blog.terak.jp

blog.terak.jp

『Learn Better』から学ぶ効果的な学習法⑥~良い指導者・教師とは?

『Learn Better――頭の使い方が変わり、学びが深まる6つのステップ』(アーリック・ボーザー著/英治出版)をもとに,効果的な学習法について探ります。

Learn Better――頭の使い方が変わり、学びが深まる6つのステップ

Learn Better――頭の使い方が変わり、学びが深まる6つのステップ

 

教育の成果を出すために必要なこと

良い指導者,優秀な教育者とはどのような人なのでしょうか。教育の成果を出すためには,学習者にどのような働きかけを行えばいいのでしょうか。ハーバード大学のロン・ファーガソンによると,教育の成果を高める要因は2つあるそうです。

①「勉強圧力」

教師が学生に対して勉強に励むよう発破をかける度合い。教育者が学生のがんばりや教材への真剣な取り組むをどれだけ後押しするか

②「勉強支援」

教師が学生にモチベーションを感じさせる度合い。学生が自分との関連性を感じられるかどうか,学生と教師の間の個人的つながりの感覚

 教育の成果を出すためには,以下の記事で述べた通り,「学習」を頭を働かせる「活動」にすることが大切です。

blog.terak.jp

優秀な教育者は,学習者に能動的な活動を促すことができるのです。

[……]優秀な教育者は学生を、頭を働かせる「活動」としての学習に深く関与させるのである。また、優秀な教師はモチベーションと支援を与える。学生が学習に意味を見出す手助けをし、自主性と自分に関連性があるという感覚を与える。

学習者にモチベーションを与えることが大切

上記のような研究結果より,教科書や学習内容の解説が上手くできるかどうか以上に,教育者が学習者にモチベーションを与えられるかどうかが重要であると言えます。『Learn Better――頭の使い方が変わり、学びが深まる6つのステップ』に次のような記述があります。

ワイマンを取材したところ、教師はもっとスポーツコーチのようであるべきだと説明してくれた。[……]教育者は学生に対して「思考という難しい作業をやりとげるために」ベストを尽くす動機づけを行うべきだ、とも。つまり、人には感情面の支援、励ましが必要なのだ。

例えば,教育者は学習者に以下のような働きかけができるとよいのではないでしょうか。

  • 将来の夢や目標を思い描かせる
  • 勉強することの意味や目的について話し合う
  • 一見役立たないように思える教科,意欲が湧かない教科についても,学習することの意味を考えさせる
  • 学習目標を持たせる
  • 学習が上手くいかないときに,学習方法についてアドバイスする
  • 結果が付いてこないときも,努力を認めて励ます

保護者様がお子様にこのような働きかけをするのも効果的だと思います。ぜひ家庭教育に取り入れてみてください。

 

【関連記事】

blog.terak.jp

blog.terak.jp

『Learn Better』から学ぶ効果的な学習法⑤~本当に成果が出る学習法とは?

『Learn Better――頭の使い方が変わり、学びが深まる6つのステップ』(アーリック・ボーザー著/英治出版)をもとに,効果的な学習法について探ります。

Learn Better――頭の使い方が変わり、学びが深まる6つのステップ

Learn Better――頭の使い方が変わり、学びが深まる6つのステップ

 

知識を習得するには「能動的な学習」が大切

心理学者のリッチ・メイヤーは,人は自分の知識を能動的に形にする行為によって知識を習得するという様々な研究結果を発表しています。学習とは,脳を働かせる「活動」であると彼は述べています。

では「能動的な学習」とは具体的にどのような方法なのでしょうか。以下,よくある学習法を挙げてみましたが,それぞれ能動的な学習かどうかを考えてみてください。

1.蛍光ペンでキーワードをなぞる

2.繰り返し読む

3.内容を自分なりに要約する

4.自分で自分に問題を出す

 

能動的な学習は,上記3.4.のみです。それぞれについて詳しく見てみましょう。

1.蛍光ペンでキーワードをなぞる

能動的な学習とは言えません。マーカーを引くのは人が知識を構築するのに十分な行動ではないと本書では述べられています。ケント州立大学のジョン・ダンロスキーらの研究によって,実際に蛍光ペンでキーワードをなぞる学習法は効果がないと証明されています。

2.繰り返し読む

能動的な学習とは言えません。1.同様,頭を働かせる「活動」を促すには至らないと述べられています。ダンロスキーらの研究によって,繰り返し読む学習法の効果も限定的であることが証明されています。

3.内容を自分なりに要約する

4.自分で自分に問題を出す

能動的な学習であると言えます。内容を自分なりに要約したり,自分で自分に問題を出したりすると,知識の創造という手順を踏むので,情報を記憶しやすくなります

「お手軽な学習法」の効果は薄い

「時間がないから」「手間がかかるから」という理由で,1.2.の学習法のみにとどまり,知識が定着しないと悩んでいる生徒さんが少なくありません。3.4.の「能動的学習法」は確かにひと手間かかりますが,1.2.の学習法で量をこなすよりも成果が出やすいです。

「教える職業に就いている者が能動的学習を行わないのは、倫理的に問題です」[……]「医者が効果の薄い薬を処方するようなものです。あなたが患者だったら、医療ミスだと考えるでしょう」

3.については親が子どもに「今日は何を勉強したの?」「説明してみて」と声かけしたり,4.については市販の一問一答集や赤シート教材を使用したりすることでも代替可能だと思います。ぜひご家庭でも能動的な学習法を取り入れてみてください。

 

【関連記事】

blog.terak.jp

blog.terak.jp

『Learn Better』から学ぶ効果的な学習法④~学習することの意味を理解する

『Learn Better――頭の使い方が変わり、学びが深まる6つのステップ』(アーリック・ボーザー著/英治出版)をもとに,効果的な学習法について探ります。

Learn Better――頭の使い方が変わり、学びが深まる6つのステップ

Learn Better――頭の使い方が変わり、学びが深まる6つのステップ

学習することの意味は「思考を形成すること」

学習することの意味とは何でしょうか。本書で取り上げられている次のような例をもとに考えてみましょう。

ある生徒は意味が分からずに数学の問題に次のように回答しました。

10×3=30

10×13=130

20×13=86

30×13=120

31×13=123

29×13=116

22×13=92

 

彼は数学をよく理解しておらず,このような間違った答えを導き出しました。解法のパターンが分からず,自分で計算手順をひねり出したようです。

著者は学習において,知識の丸暗記ではなく,基本的な概念やスキルを学び応用することこそが大切だと述べています。

スキルや知識を理解できていれば、状況が変わってもそのスキルや知識を使いこなせる。[……]どんな状況でも応用が利くのだ。

[……]私たちは意味を知るため、思考を形成するために学ぶ。とどのつまり知識の応用が可能なのは意味がわかってこそだ。

先の計算問題についても,意味がわかっていれば別のアプローチがとれます。

10×3=

10×13=

20×13=

30×13=

31×13=

29×13=

22×13=

あなたはすぐにパターンがあると気づき、13という数字を活用すれば一連の問題が解きやすくなるのを理解するだろう。

「正解」ではなく「考え方」を知ろうとすることが大切

「答えを教えて!」とすぐに正解を知ろうとする生徒さんがいます。私はいつも「答えではなく,なぜその答えになるかが大事だよ」「なぜ間違えたのか,正しい解き方はどうなのかをしっかり確認しよう」と声かけしています。

先の計算問題でも,正しい答えを知ったところで,解き方が分かっていなければ,次に同じような問題が出題されても,正解を導き出すことは難しいでしょう。「計算ミスだった!」「電卓で計算したら正しい答えが分かったよ!」で終わりにしてしまうのはもったいないと感じます。これでは,もちろん成績も上がりません。このような取り組み方は,著者が言うところの「学習」からも外れるでしょう。

テストの得点を上げるために,問題数をこなしても,根底にある考え方や規則が理解できていなければ,効果的な学習とは言えません。何を学ぶときも一つ一つの課題とじっくり向き合い,「なぜそうなるのか」「このことから何がわかるか」をぜひ考えるようにしましょう。

 

【関連記事】

blog.terak.jp

blog.terak.jp

『Learn Better』から学ぶ効果的な学習法③~仲間とともに学習する

『Learn Better――頭の使い方が変わり、学びが深まる6つのステップ』(アーリック・ボーザー著/英治出版)をもとに,効果的な学習法について探ります。

Learn Better――頭の使い方が変わり、学びが深まる6つのステップ

Learn Better――頭の使い方が変わり、学びが深まる6つのステップ

 

仲間がいるとモチベーションが上がる

仲間がいると学習に対するモチベーションが上がり,目標に向かって努力を続ける確率が高くなると著者は述べています。

[……]仲間、チーム、同族、サークルからの同調圧力の良い面で、学習に打ち込む者が一人いると、他の人間も学習に打ち込むようになる。私たちは仲間外れとか落ちこぼれとかなまけ者になりたくないため、モチベーションと意味が集団内に広まる。意欲は人から人へと移ることがある。[……]「知的努力には伝染性がある」のだ。

私の教室でも,モチベーションが低い生徒さんを,あえてモチベーションの高い生徒さんと一緒にすることがありますが,よい刺激を受けるようです。「あの子は真面目にやってるから,自分もやらないと...…」「早く自分もあの子に追いつきたいな!」と感じるようです。

仲間と一緒にいなくてもよい

仲間と一緒に学習をすることは確かに効果的ですが,たとえ距離が離れていても同等の効果を得ることはできます。たとえば,一緒の授業を受けなくても,学習状況やテスト結果を共有すれば,仲間意識や競争心が芽生えます。

「○○くん,宿題をきちんとやってきてくれるから,もう次の章の勉強に入ったよ」

「この小テスト,○○くんもやったものだから,チャレンジしてみない?」

「○○くんは80点だったよ」

このように伝えると,「負けたくない!」「やってみようかな!」とスイッチが入る生徒さんが多いものです。

「ぼくは90点取るから!」「○○くんに伝えておいて!」と言って,学習に励むようになる子もいます。このように目標について公に宣言することも,努力の可能性を高めます

友達に「これをやる」と宣言すると、目標に向かって努力を続ける確率が高くなる。フェイスブックやツイッターで、例えば「不動産ライセンス取得のための勉強をする」と宣言すると、その公約を達成しやすい。自分が属する集団に対して誓ったことを守ろうとするからだ。

友達ではなく,家族内で宣言してもらうのもよいでしょう。

いつも周りを気にしすぎるのはよくありませんが,子どもが怠けているな,サボっているなと感じたら,このような方法を試してみるのもよいかもしれません。

 

【関連記事】

blog.terak.jp

blog.terak.jp

 

『Learn Better』から学ぶ効果的な学習法②~学習の意味を自ら発見する

『Learn Better――頭の使い方が変わり、学びが深まる6つのステップ』(アーリック・ボーザー著/英治出版)をもとに,効果的な学習法について探ります。

Learn Better――頭の使い方が変わり、学びが深まる6つのステップ

Learn Better――頭の使い方が変わり、学びが深まる6つのステップ

 

学習の意味を見出すとモチベーションや学習効果が上がる

誰しも苦手な教科があったり,「こんなこと勉強して将来何の役に立つの!?」と放棄したくなったりすることもあるでしょう。

『Learn Better――頭の使い方が変わり、学びが深まる6つのステップ』では,自分の生活と学習内容の関わりを意識することで,モチベーションが大幅に上がり,学習効果が高まるという実験結果が示されています。

ヴァージニア大学の心理学教授クリス・フルマンは学生たちに統計学を教えていましたが,「統計学はつまらない」「自分の生活には何の関連性も価値もない」という学生たちの泣き言に悩まされていました。関心を呼び覚ますために,彼は次にようなお題を出し,学生たちに短いエッセイを書いてもらいました。

自分の生活で統計学を使うシーンを想像できますか?

看護師、営業マン、管理職という職業に就いて統計学を使う自分を想像できますか?

このような取り組みを行ったところ,学生たちの勉強に対するモチベーションは大幅に上がり,成績がCからBへと一段階上がった学生もいたそうです。

要するに、統計学が自分の将来の職業、趣味、いつか築く家庭にとってなぜ大事かを説明する行為によって、学習のレベルが一足飛びに向上したのである。[……]ある対象について学ぶ意欲を持つには、その対象が自分に関連性があると思わなければならない、とフルマンは言った。

意味を自分で見つけることが大事

「価値があるという感覚を創り出す方法はたくさんある」とフルマン氏は言います。

企業に就職したらこんな形で必要になるかもしれない

私生活でこんなふうにスキルが役立ちそう

スキルが身につくこと自体が楽しい

高校生に科学を学ぶ意義について考えてもらったとき,様々な意見が出たそうです。

「こういう理由で大事」「こんな価値がある」と他人から価値を押し付けられると逆効果になることもあるため,学習者本人が学習の意味を見出すことが大切だとフルマン氏は述べます。

  • 文章を書く力は将来,好きなことを発信するために必要になるもしれない
  • 苦手な数学をコツコツ頑張って克服できること自体がすばらしい
  • 社会は将来,海外留学したとき,現地の人と話す際に知っておくといいかもしれない

無理やり子どもに勉強させるのではなく,子どもの好きなこと・将来やりたいことなどと結び付けて,学習することの意味そのものについて話し合う機会をぜひ設けてみてください。

 

【関連記事】

blog.terak.jp

blog.terak.jp

blog.terak.jp

『Learn Better』から学ぶ効果的な学習法①~「勉強が苦手」を克服するためには?

『Learn Better――頭の使い方が変わり、学びが深まる6つのステップ』(アーリック・ボーザー著/英治出版)をもとに,効果的な学習法について探ります。

Learn Better――頭の使い方が変わり、学びが深まる6つのステップ

Learn Better――頭の使い方が変わり、学びが深まる6つのステップ

 

「勉強が苦手」とは?

「うちの子は勉強が苦手で……」「理解が遅くて困っています」「集中力が続かず,覚えたと思ってもすぐに忘れてしまうんです」ーー。私のもとには,このようなお悩みが保護者の方から多く寄せられます。

本書の著者であるアーリック・ボーザー氏も,幼稚園のころから勉強が苦手で,授業中にカンニングをしたり,勉強をサボったり,様々な悪事を繰り返したそうです。しかし何人かの先生の助けにより,危機的な状況を脱したといいます。

今振り返ると、どうやら私は学習のしかたがわかっていなかったらしい。自分の思考をどう扱っていいかがわからなかった。自問したり、目標を設定したりすることができず、そもそも何かを知るということの意味からしてわかっていなかった。

「勉強が苦手」というのは,才能や努力が足りないのではなく,学習の仕方が分かっていないだけなのです。

学習方法を身に付けることの重要性

基礎的な学習方法を身に付けると,著者は勉強に自信が付き,成績も伸び始めたそうです。

「自分は本当にこれがわかっているのか?」、「学習していることの根底にある理屈を理解しているか?」といった質問を自分にするようになった。また、学習のスピードは人によって違いがあり、自分は同級生よりも努力が必要だということも受け入れられるようになった。長年のうちに中力を高める方法も見つかり、静かな環境づくりに熱心に取り組むようになった。

学習面で自信が付くと,生徒会活動や部活動にも関心が広がり,名門大学にも合格することができたそうです。

効果的な学習法を身に付けるということは,受験を突破するためだけではなく,子どもの自信を高め,物事を乗り越え,目標を達成する力を養うためにも重要です。無理やり子どもに勉強させるのではなく,「今日の勉強はどうだった?」「どんなことが分かったか教えて?」「どんな方法で覚えたの?」など,子どもと話し合いながら,効果的な学習方法を探っていきましょう。

 

【関連記事】

blog.terak.jp

blog.terak.jp

blog.terak.jp