『スター・ウォーズで学ぶ はじめてのプログラミング』発売のお知らせ

私が監修を担当したプログラミング本『小学生のためのスター・ウォーズで学ぶ はじめてのプログラミング』(学研プラス)が本日発売されましたので、お知らせします。

小学生のための スター・ウォーズで学ぶ はじめてのプログラミング

小学生のための スター・ウォーズで学ぶ はじめてのプログラミング

  • 作者: キキ・プロッツマン,サイモン・タトム,多田淑恵
  • 出版社/メーカー: 学研プラス
  • 発売日: 2019/09/19
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログを見る
 

Code.orgというサイトを使用し,スター・ウォーズのキャラクターを動かしてゲームを作りながら,プログラミングを学びます。

code.org
すでにプログラミングを学ばれている方も,まだ本格的に学習を開始していない方も,楽しんで読み進めていただける内容になっているかと思います。一人でも多くの方にお手に取っていただけると嬉しいです。

今回,プログラミング本の監修を担当できることになったのは,いつも支えてくださっている皆様のおかげです。本当にどうもありがとうございます。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

『本物の家庭学習』から学ぶ家庭教育④~宿題+αの学習が大切

『小学校教師だからわかる 子どもの学力が驚くほど上がる 本物の家庭教育』(杉渕鐵良 著/すばる舎)をもとに,効果的な家庭教育について探ります。

小学校教師だからわかる 子どもの学力が驚くほど上がる 本物の家庭学習

小学校教師だからわかる 子どもの学力が驚くほど上がる 本物の家庭学習

 

「学校の宿題」以外の学習は必要?

「学校の宿題でいっぱいいっぱいなので,他の勉強はやらせていません」「勉強は分からないようだけど,小学生のうちに遊ばせておかないとかわいそう」「宿題をやっているから勉強は十分」という保護者の方がいます。小学校の宿題だけで,本当に十分なのでしょうか。

学校の宿題は「授業内容の確認」

学校の宿題は,数日前やその日習ったことの確認として出されることが多いです。もし宿題をやるのに苦戦しているあれば,まだ完全に内容を習得しきれていないということです。週末など時間があるときに,学校の授業内容を補えるような自主学習を行った方がよいでしょう。

学校の宿題がすらすらできたとしても,注意が必要です。学校で習った直後なので内容を覚えているだけで,数週間後,数ヵ月後に取り組んでみると,意外にできないというケースが少なくありません。『小学校教師だからわかる 子どもの学力が驚くほど上がる 本物の家庭教育』(杉渕鐵良 著/すばる舎)では,次のように書かれています。

 宿題の大半は、教科書準拠のプリントやドリルですが、子どもは今日習ったことを宿題に出されると、記憶が残っているので機械的に解いてしまいます。[……]

数日後、数週間後に同じ問題を出して答えられるかは怪しいでしょう。[……]

宿題は授業の補足として出るものです。1年間をトータルで見て、定着を目標に計画的に宿題を割り振ってもらえることは、ほとんどないと言っていいでしょう。

学校の宿題+αの学習が大切

小学校の宿題やカラーテストはよくできていたのに,中学に入って行き詰ってしまう生徒さんがいます。小学校での学習内容がきちんと定着していないのに,それに気づかずに中学生になってしまったことが原因の一つです。

学習習慣の重要性

中学生になると定期テストが始まり,家庭学習の時間が大幅に増えます。小学生の間に学校の宿題しか取り組んでこなかった子どもは,中学校での学習内容の難しさ,学習時間の増加に面食らってしまいます。このような観点からも,小学生の間に宿題+αの学習をする習慣を付けておくことは,とても大切なのです。

 中学校に入ってから,「小学校ではよく出来たのに……」「こんなはずじゃなかった」「もっと早くスタートダッシュを切っておけばよかった」と後悔することのないよう,ぜひ小学生の間に自主学習の習慣を付けましょう。弱点を克服し,得意分野をさらに伸ばせるような+αの学習に,ぜひご家庭で取り組んでみてください。

 

blog.terak.jp

blog.terak.jp

blog.terak.jp

 

 

 

『本物の家庭学習』から学ぶ家庭教育③~家庭教育が大切な理由

『小学校教師だからわかる 子どもの学力が驚くほど上がる 本物の家庭教育』(杉渕鐵良 著/すばる舎)をもとに,効果的な家庭教育について探ります。

小学校教師だからわかる 子どもの学力が驚くほど上がる 本物の家庭学習

小学校教師だからわかる 子どもの学力が驚くほど上がる 本物の家庭学習

 

集団指導では「きめ細やかなサポート」が難しい

知識やスキルを身に付けるためには,反復演習が欠かせません。しかし,学校や塾では,カリキュラム通りに授業を行うことが優先され,子ども一人一人の理解度に応じて指導を行うことが難しい状況です。

伸び悩んでいる子は,次のようなパターンが多いですが,学校や塾では見過ごされてしまいがちです。

  • 授業を聞いて分かったつもりになっている
  • 「わかった」と思い込んでいるが,いざ問題を解いてみるとできない
  • 宿題をやりっ放しになっている
  • 丸付け・やり直しができていない
  • 間違えた問題をできるようになるまで繰り返し解き直さない
  • 数十回反復演習しないと身に付かないのに,1~2回しかやっていない

『小学校教師だからわかる 子どもの学力が驚くほど上がる 本物の家庭教育』(杉渕鐵良 著/すばる舎)では,次のように書かれています。

 学習の定着はとても大切で、そのために反復の時間を設けること、さらに一人一人の学習速度に合わせて対応すること。このふたつが、子どもを伸ばすために必要です。[……]

復習が大切だとわかっている教師でも、次々に新しいことを教えなければならない今の過密カリキュラムでは、復習する時間を確保するのは難しいでしょう。[……]

ただでさえ復習の時間がとりにくいのに、習得に50回かかる子は、「できない子」として置いて行かれます

親こそ子どもの家庭教師になれる

学校や塾では,一人一人に合わせたサポートが難しくても,親であれば子どもの家庭教師になれます

いつもそばにいる親なら、子どものクセや、学習理解の速度に気づいてあげられます。「今、この子には、これは難しいな」「そろそろ次に行けるな」という見極めをして、家庭学習をその子に合わせてカスタマイズすれば、とりこぼしがなくなります

 親なら、その子の個別の家庭教師になれるのです。

 ただ,親だからこそ,関わり方が難しい面もあります。具体的には,次のようなことに気を付けましょう。

  • 子どもを勉強嫌いにしないために,「何でこんなことも分からないの!」「何回教えたら分かるの!」など感情的にならない
  • 「これくらいはできてほしい」と周囲の子どもと比較して,いきなり高い目標を設定しない
  • 親がやってほしいレベルの問題集ではなく,子どもの実力より少し上(8割くらい正解するレベル)の問題集に取り組ませる
  • 早く結果を出そうとせず,数ヵ月~年単位で改善していく心持ちでいる
  • 結果がまだ表れていなくても,「集中できるようになったね!」「前より短い時間でできるようになったね!」「ノートがきれいになったね!」と成長した点を褒める

 このような点に気を付けて,学習が軌道に乗るまで,ぜひ保護者の方がお子様をサポートいただければと思います。

 

blog.terak.jp

blog.terak.jp

blog.terak.jp

 

 

『本物の家庭学習』から学ぶ家庭教育②~受験勉強の前に大切なこと

『小学校教師だからわかる 子どもの学力が驚くほど上がる 本物の家庭教育』(杉渕鐵良 著/すばる舎)をもとに,効果的な家庭教育について探ります。

小学校教師だからわかる 子どもの学力が驚くほど上がる 本物の家庭学習

小学校教師だからわかる 子どもの学力が驚くほど上がる 本物の家庭学習

 

 

受験勉強の前に「学校の勉強」

「中学受験をするから」「周りの子が塾に行っているから」と,焦って子どもを塾に通わせる保護者の方がいらっしゃいます。しかし,いざ塾に通ってみると,成績が伸びなかったというパターンも少なくありません。

塾に通う前に,学校の勉強はきちんとできているでしょうか。学校の授業が理解し切れていないのに,受験塾に通っても,なかなか成績は付いてこないでしょう。

『小学校教師だからわかる 子どもの学力が驚くほど上がる 本物の家庭教育』(杉渕鐵良 著/すばる舎)では,次のように書かれています。

 学校で習うことは、計算にしても漢字にしても、勉強の基礎です。その土台があって、はじめて応用問題ができるのです。[……]

授業を理解しているように見える子も、実は学習が定着していないことがよくあります。[……]

ちょっと間をおいて、まとめてテストをすると、急に点数が悪くなるのはよくあることです。

学習内容を完全に定着させる

そもそも,「きちんと理解する」「完全に定着させる」とはどういうことでしょうか。ヒントがなくても,完全に自力で問題を解ける,考え方・解き方を再現できるということです。

解説を一回聞いて,「分かった!」と思っても,数日後に同じ問題を解こうとすると,「あれ?どうやるんだったっけ?」と分からなくなる……という経験をしたことがある方も多いでしょう。このような状態では,テストでも点数が付いてきません。

教材を見なくてもすらすら解ける,解き方・考え方が頭の中に定着している状態にすることが大切なのです。

 反復演習が大切

では,学習内容を完全に定着させるのはどうすればいいのでしょうか。本書でも述べられている通り,何度も繰り返し学習するしかありません。

聞いたことを一度で理解して、すぐにできてしまう天才タイプもいますが、そんな人はひと握りです。[……]

天才タイプではなくても、ほとんどの子は、何度もくり返すことで身につきます。勉強は「やった回数」で決まと言ってもいいでしょう。

勉強ができるようになる魔法のような方法はなく,定着するまで,地道に繰り返し学習していくしかありません。

学校や塾での学習内容が身に付くかどうかは,自宅での学習習慣が鍵を握っているのでとも言えるでしょう。ご家庭で繰り返し学習し,知識・考え方が完全に定着するような学習習慣をぜひ小学生のうちから身に付けてほしいです。

 

blog.terak.jp

blog.terak.jp

blog.terak.jp

 

 

『本物の家庭学習』から学ぶ家庭教育①~小学校の通知表は当てにならない

『小学校教師だからわかる 子どもの学力が驚くほど上がる 本物の家庭教育』(杉渕鐵良 著/すばる舎)をもとに,効果的な家庭教育について探ります。

小学校教師だからわかる 子どもの学力が驚くほど上がる 本物の家庭学習

小学校教師だからわかる 子どもの学力が驚くほど上がる 本物の家庭学習

 

「中学校に入って成績が伸びないんです」「小学校のときは問題が無かったのに……」「小学校の通知表はごく普通だったのに,中学校に入ってから通知表が一気に悪くなってしまいました」という相談をよく受けます。

しかし,実際に指導して子どもの学習状況を見てみると,小学校の学習内容を理解し切れていないことが少なくありません。小学校で学ぶ計算や漢字など,基礎的な内容が定着していないと,中学校での学習で行き詰ってしまいます

小学校の通知表は当てにならない

相談された保護者の方は,子どもの通知表を見て,「授業に付いていけている」「この学習状況で問題ない」と判断していました。しかし,『小学校教師だからわかる 子どもの学力が驚くほど上がる 本物の家庭教育』(杉渕鐵良 著/すばる舎)で述べられているように,小学校の通知表は当てにならないことが多いです。

 学校では、学習を十分に理解できていなくても、通知表に「普通」という判定がつきます。〔……〕

通知表のつけ方は学校によっても、教師によってもばらつきがあります。〔……〕

たとえば30点だった子が、がんばって58点まで点数を上げたのに、基準を下回っているからといってCをつけると、やる気をなくしてしまうかもしれない。そういう思いからBをつけることもあります。

「とこかくもBはついているのだから、大丈夫」と親は安心してしまいます。その結果、知らぬ間にずいぶん遅れてしまっている……ということが多々あります。

通知表は、子どもの習熟度を確実に見られるものではないのです。

学校での小テストや実力テストをチェックする

子どもの理解度を確認するには,通知表ではなく,カラーテストや小テスト,実力テスト,問題を解いたノートを見るようにしましょう。どのような問題を間違えているか,どのような間違い方をしているか(単純なミスか,そもそも理解できていないのか),苦手な分野はどこかが一目で分かります。

苦手分野を把握して克服し,小学校の学習内容をマスターしておくことが,中学校の学習をスムーズに進めるためにとても大切です。小学生の子どもにはまだ難しい部分もあるので,テストやノートは親がこまめに確認し,「ここがちょっと苦手かな?」「今週末に一緒に復習しようか!」「夏休みに復習ドリルをやってみる?」などぜひ一緒に学習について話し合う時間を作りましょう。

 

 

 

blog.terak.jp

blog.terak.jp

blog.terak.jp

 

『Learn Better』から学ぶ効果的な学習法~親や先生ができる支援②

『Learn Better――頭の使い方が変わり、学びが深まる6つのステップ』(アーリック・ボーザー著/英治出版)をもとに,効果的な学習法について探ります。

Learn Better――頭の使い方が変わり、学びが深まる6つのステップ

Learn Better――頭の使い方が変わり、学びが深まる6つのステップ

 

効果的な学習をサポートするために

生徒の効果的な学習を促すために,親や先生はどのようなことをすればいいのでしょうか。

「親や先生ができる支援①」については,以下の記事をご覧ください。

blog.terak.jp

 

  • 見直しを促す

  - 「自分は何を学んだか?理解しづらかったのはどこか?分からないところはどこか?」と自問させる

 -学習しづらい部分に意識を向けさせ,「自分はどれだけこれが分かっているだろう?」「分からないと感じるところはどこだろう?」と考える習慣を身に付けさせる  

人は自分が実際以上によく分かっていると思い込みがちなので,学習者に見直しの習慣を付けてもらうことが大切です。

 

  • 学習の仕方を教える

 - 目標設定,自問,思考など,スキルや知識を習得する方法を教える

関連記事は以下をご覧ください。

blog.terak.jp

blog.terak.jp

 

  • 情動面の支援を行う

 - 学習に困難はつきものなので,学習者の感情マネジメントを支援する

関連記事は以下をご覧ください。

blog.terak.jp

blog.terak.jp

ぜひ上記を参考にして,生徒さんやお子様が効果的に学習を進めることをサポートいただければと思います。

 

 

blog.terak.jp

『Learn Better』から学ぶ効果的な学習法~親や先生ができる支援①

『Learn Better――頭の使い方が変わり、学びが深まる6つのステップ』(アーリック・ボーザー著/英治出版)をもとに,効果的な学習法について探ります。

Learn Better――頭の使い方が変わり、学びが深まる6つのステップ

Learn Better――頭の使い方が変わり、学びが深まる6つのステップ

 

効果的な学習をサポートするために

生徒の効果的な学習を促すために,親や先生はどのようなことをすればいいのでしょうか。

  • 期待値を示す

  - 褒め言葉や励ましを惜しまない

  - 能力を褒めずに頑張りを褒める

    - 結果ではなくプロセスを評価し,目標と期待を話す

 - 失敗は学ぶチャンスであることを伝える

  • 学習を分散させる

 - 忘却を計算に入れ,数週間~数か月の幅で学習を分散させる( ×一晩や週末だけで一気に取り組ませる)

 - 誰しも学習内容を忘れてしまうため,定期的に再学習させるようにする

  • 集中力できる環境を作る

 - 音楽やテレビ,大きな話し声のない空間を与える

  • ミスをサポートする

 - ミスによって記憶に残り学習が進むため,ミスを責めない

 - あえて答えを教えず,答えがわからない状態に慣れさせる

 - 長期的な学習力を高めるために,自力で学ぶ姿勢を培う

ぜひ上記を参考にして,生徒さんやお子様が効果的に学習を進めることをサポートいただければと思います。

 

blog.terak.jp

 

 

【関連記事】

blog.terak.jp

blog.terak.jp

『Learn Better』から学ぶ効果的な学習法<まとめ>~効果的な学習のためのチェックリスト②

『Learn Better――頭の使い方が変わり、学びが深まる6つのステップ』(アーリック・ボーザー著/英治出版)をもとに,効果的な学習法について探ります。

Learn Better――頭の使い方が変わり、学びが深まる6つのステップ

Learn Better――頭の使い方が変わり、学びが深まる6つのステップ

 

効果的な学習ができているかチェックしてみよう

これまでのブログ記事で,効果的な学習法についてご紹介してきましたが,どれくらい実践できているか,チェックリストで確認してみましょう。

チェックリスト①は以下の記事をご覧ください。

blog.terak.jp

  • どこまで理解できていて,どこから理解できていないか,明確にしているか

  - 問題をやりっ放しになっていないか

  - 丸付け,やり直しまできちんとできているか

  • 自分の知識を記憶から取り出す練習をしているか

 - 文章を読むだけでなく,文章を読んだ後に,何が書いてあったか,何を学んだか,自分で自分に質問をしているか

  • 知識やスキルの関係性を理解しているか

 - 知識やスキルを個別に丸暗記していないか

 - 図式化するなど視覚的に分かりやすくしたりして,根底にある体系を理解しているか

  • 自分の知識を見直し,理解を振り返っているか

 - 間違いや過信のないよう,定期的に復習ができているか

 

学習で行き詰っている,成果がなかなか出ないという場合は,ぜひ上記チェックリストを参考にして,学習方法を見直してみてください。

 

blog.terak.jp

 

 

【関連記事】

blog.terak.jp

blog.terak.jp

『Learn Better』から学ぶ効果的な学習法<まとめ>~効果的な学習のためのチェックリスト①

『Learn Better――頭の使い方が変わり、学びが深まる6つのステップ』(アーリック・ボーザー著/英治出版)をもとに,効果的な学習法について探ります。

Learn Better――頭の使い方が変わり、学びが深まる6つのステップ

Learn Better――頭の使い方が変わり、学びが深まる6つのステップ

 

効果的な学習ができているかチェックしてみよう

これまでのブログ記事で,効果的な学習法についてご紹介してきましたが,どれくらい実践できているか,チェックリストで確認してみましょう。

  • 学ぶ対象,スキルや知識に価値を見出せているか

  - なぜ勉強する必要があるのか

  - 将来どのように役立つか,自分との関連性など,意味づけができているか

  • テキストを読むだけ,線を引くだけといった受け身の学習法ばかり行っていないか

 - 自分で自分に問題を出しているか

 - 自分の言葉で説明したり,能動的な学習法を行っているか

  • 反復学習を行っているか

 - 一度つまずいた課題について,何度も繰り返し学習しているか

 - 内容を自分なりに要約して情報を記憶しているか

  • 目標を設定しているか

 - 「週3回1時間勉強する」というように具体的な目標を立てているか

 - 高望みした目標ではなく,達成しやすい小さな目標になっているか

 - 楽々と達成できる目標ではなく,少しだけ背伸びが必要な目標になっているか

 

学習で行き詰っている,成果がなかなか出ないという場合は,ぜひ上記チェックリストを参考にして,学習方法を見直してみてください。

 

blog.terak.jp

 

 

【関連記事】

blog.terak.jp

blog.terak.jp

blog.terak.jp

 

PCを使わないプログラミング学習②~箱を使った変数の学習

PCを使わずにプログラミングを学習する方法についてご紹介します。今回は,箱を使って変数について学ぶ方法です。以下の資料を参考にしています。

https://teachinglondoncomputing.files.wordpress.com/2014/02/activity-boxvariables.pdf

 

箱を使った変数の学習

対象年齢:10歳以上~大人まで
所要時間:15~20分
対象人数:3人以上

【学習の目的】

データ処理はコンピューターが行うことの中で一番重要なものの一つです。数,テキスト,画像,音などの値を格納し,操作したり,計算したり,変更したり,必要になるまで結果を格納します。データを格納している場所を参照する方法が必要となりますが,それを変数と言います。今回の取り組みでは,変数や代入,値,初期化,宣言などのプログラミングの考え方ついて学ぶことができます。

【使うもの】

  • A4サイズの箱
  • 変数の名前のラベル
     - colour1, colour2, temp(上記URL内の末尾にあります)
  • 値のカード
     - "Red", "Green"(上記URL内の末尾にあります)
  • プログラム
     - 今回はURL内の資料21ページ目のプログラムを使います

 

【学習の方法】

プログラムではたくさんの変数が要るので,どの変数がどの名前なのか知ることが必要です。名前が付いていれば,その変数を使うときに,いつでも呼び出すことができます。変数を使う前に,まずは変数を作りましょう。

変数を作るときは,データを格納するために,まずは場所を確保します。

例えば,プログラムに最初の指示をします。
colour1 = “red”

変数 colour1を作り,そこに“red”という値が格納されました。

(1)プログラム①:colour1 = "red"

生徒を一人指名し,箱を渡して持ってもらいましょう。箱は変数を表します。変数は1つの値を持つことができる箱のようなものです。colour1 の名前のラベルを渡し,生徒の首に掛けてもらいましょう。これでこの生徒はcolour1となりました。

代入することで変数の中に値を格納できます。まずは“red”のカードをcolour1 の箱の中に入れましょう

(2)プログラム②:colour2 = "green"

次に,colour2 という変数を作りましょう。もう生徒の一人にcolour2のラベルを渡し,箱を持たせ,その中に “green”のカードを入れてもらいます

ある値を最初に変数に代入しておくことを初期化と言います。colour1 という変数には“red”という値を,colour2という変数には “green”という値を入れて初期化しました。  変数の値と変数名を混同しないように注意しましょう。値は箱に格納されるもの(今回はカード)です。変数名はラベル(生徒の首にぶら下がっているもの)です。

(3)プログラム③:temp = colour1

tempはこれまで出てきていないので,変数の宣言を行う必要があります。3人目の生徒を指名し,箱とtempラベルを渡しましょう

そしてcolour1の中にあるものを参照し,そのコピーをtempの中に入れます。colour1の生徒のところに行き,箱の中に何が入っているか尋ね,そのコピーを作りましょう。そして,そのコピーをtempの箱の中に入れます。

colour1は変わっていないことに注意しましょう。もともとの値が入ったままです。tempという変数がそのコピー(colur1の値のコピー)を持っただけです。

<補足>この結果,tempの箱には"red"が入ります。

(4)プログラム④:colour1 = colour2

この代入は,colour2の値のコピーをcolour1に入れるだけです。colour2の人のところに行き,持っている値を確認し,コピーします。

変数は一つの値しか持てないことに注意しましょう。新しい値を箱の中に入れる場合は,古い値を捨てます。colour1に新しい値を入れる場合には,古い値を取り出して捨てましょう

<補足>この結果,colour1の箱については"red"が捨てられ,"green"が入ります。

(5)プログラム⑤:colour2 = temp

tempの中の値は,早い段階でcolour1から保存された値になっていました。たとえcolour1の中の値が捨てられても,そのコピーが安全に格納されているので,colour2の中の同じ値で終わります。

<補足>このプログラムは,colour2にtempの値を代入するという意味です。tempの中に入っている値"red"をコピーしてcolour2に入れます。colour2に入っている"green"の値は破棄されます。

結果がどうなっているか見てみましょう。colour1 とcolour2の値は,tempという追加の記憶域を使うことによって取り替えられました。もとはcolour1は"red",colour2は"green"でした。今やcolour1は"green",colour2は"red"です。

teachinglondoncomputing.org

 変数や値,代入,それぞれの関係性については,図に描いて考えてみると分かりやすいです。PCを使わずに学習できるので,ぜひ気軽に取り組んでいただければと思います。

 

【関連記事】

blog.terak.jp

blog.terak.jp

blog.terak.jp