受験において本当に「子どもの成績=親の責任」なのか?

「子どもが問題を解けない=親の責任」ではない

本内容については,スタンドエフエムでもお話ししています。

stand.fm

受験について「親子一丸になって取り組まなければ......」「親子で一緒に乗り越えるもの」という考え方があると思います。確かに要所要所で保護者の方が子どもに関わることは大切です。しかし子どもが問題を解けないからと言って,それは保護者の方のせいではありません「親が解説しないといけない」「つきっきりで教えない」といけないということもありません

子どもが分からないものを分かるようにするのは塾の責任です。保護者の方が「うちの子はできないから」と罪悪感を感じる必要はありません。

保護者の方がつきっきりで勉強を教えると,むしろ次のような悪影響があるかもしれません。

  • 子どもにプレッシャーがかかる。
  • 子ども自身で試行錯誤して勉強しないので,考える力が育たない
  • 親がつきっきりで教えることで成績が上がっても,それはドーピングのようなもの。子どもの本来の実力ではないため,志望校に合格してもついていけなくなる可能性が高い。
  • 無理やり勉強させられると燃え尽き症候群になりやすい。合格でも不合格でも受験後に頑張れなくなってしまう子は多い。

親は学習管理をしよう

つきっきりで教えるのではなく,保護者の方はお子様の学習管理をしましょう。次のようなポイントをチェックしてみてください。

  • 何時間くらい勉強しているか
  • どんな内容を勉強しているか―入試に繋がることをやっているか。過去問や予想問題を解いているか。
  • どんな学習法で取り組んでいるか―丸付け・やり直しまできちんとやっているか。繰り返し間違えた問題に取り組みできるようにしているか。×のついている問題をピックアップして,子どもに「これ解いてみて」とやってもらうのもおすすめ。
  • 模試,学校・塾のテストでどれくらいの点数を取れているか間違いの原因は何か。ミスなのか,理解できていないのか,時間が足りなかったのか。
  • 今後の対策や学習法について子ども自身で考えられているか―良くない点を自分で把握して,次から気を付けようとしているか。

このような点をチェックしていただき,お子様と話し合いながら,学習内容・方法を良くしていきましょう。そうすれば自然と成績も上がるはずです。

 

★勉強のやり方,成果が出る学習法について,セミナーを開催しています。

f:id:terakinc:20211006133025p:plain

https://reserva.be/terakinc/reserve?mode=service_staff&search_evt_no=93eJwzNjewtDAHAARdAUM

 

 

stand.fm(音声ラジオ)

stand.fm

YouTube

www.youtube.com

Twitter

twitter.com

イベント情報

https://reserva.be/terakinc

f:id:terakinc:20210923102154p:plain

 

 

【関連放送】

stand.fm

stand.fm

stand.fm

 

【関連記事】

blog.terak.jp

blog.terak.jp

blog.terak.jp

「受験まであと〇ヶ月だから頑張ろう!」という声掛けは危険?

「受験まであと〇ヶ月だから頑張ろう!」=「受験がゴール」となりがち

本内容については,スタンドエフエムでもお話ししています。

stand.fm

保護者の方は子どもに何とか頑張ってほしくて「受験まであと〇ヶ月だから頑張ろう!」という声掛けをするかもしれません。しかしこのような声掛けをすると,子どもは「受験=ゴール」と捉えてしまうことがあります。

「受験まであと~か月」「受験が終わったら思う存分遊んでいいよ」「中学校に入ったら好きなことをやっていいから」と子どもに声掛けして,何とか頑張らせて志望校に合格したとします。しかし実際は入学後,授業の進度が速かったり,内容が難しかったりして,現状とのギャップについていけない子がいます。「中学校に入ったら遊べるんじゃなかったの?」「思ってたのと違う」「遊べると思ったから頑張ったのに」と燃え尽き症候群になってしまい,これ以上頑張れない,学校に行けなくなってしまったという子を知っています。

受験は通過点でしかない

「受験まであと~か月」という声掛けをする際には注意が必要です。「合格したら遊べる」ということだけではなく,志望校入学後の生活を子どもに具体的に伝えておくことが大切です。

まず「合格がゴールではなく,そこからがスタートだよ」と伝えましょう。そして「上から~番くらいにいたら,こういう大学に入れるね」「こういう進路もあるんだね」「2~3か月に1回,定期テストがあるから,そこで順位が分かるね」「レポートの宿題が出るみたいだから,今から国語を頑張っておこうね」などなるべく具体的に伝え,子どもにイメージしてもらいましょう。

「不合格=人生終わり」ではない

志望校に落ちたときのことも考え,子どもと話し合っておきましょう「不合格でもそれで人生終わりじゃないよ」「落ちたら落ちたで,こういう風に頑張ればいいよ」と具体的に伝えましょう。そうすれば子どもは「受験がゴールじゃないんだ!」と気づき,合格しても燃え尽き症候群になったり,不合格でも必要以上に落ち込んだりすることはないでしょう。ぜひお子様と話し合ってみてください。

★勉強のやり方,成果が出る学習法について,セミナーを開催しています。

f:id:terakinc:20211006133025p:plain

https://reserva.be/terakinc/reserve?mode=service_staff&search_evt_no=93eJwzNjewtDAHAARdAUM

 

 

stand.fm(音声ラジオ)

stand.fm

YouTube

www.youtube.com

Twitter

twitter.com

イベント情報

https://reserva.be/terakinc

f:id:terakinc:20210923102154p:plain

 

 

【関連放送】

stand.fm

stand.fm

stand.fm

 

【関連記事】

blog.terak.jp

blog.terak.jp

blog.terak.jp

【2022年3月開講】思考力とやり抜く力を育む!科学工作教室のご案内

f:id:terakinc:20211119161713p:plain

2022年3月より科学工作教室を開講します。

【ものづくりを通したアクティブ・ラーニング】

毎月,科学的なテーマ・工作に一つずつ取り組みます。実際に手を動かして試行錯誤しながら楽しく学びます。毎回振り返りの作文を書くことで文章力も養います。授業写真は以下よりご覧ください。

www.uchiyama.info

【日程・テーマ】

3月22日(日) ビー玉万華鏡と不思議な貯金箱
4月17日(日) 木目パズルと干支の絵あわせ
5月15日(日)ソーラーハウス
6月19日(日) 誕生日当て,いどうくん
7月17日(日) LEDストラップを作ろう
8月21日(日) ホバークラフト

全日程13時~14時30分に開催

f:id:terakinc:20211119161913j:plain

【会場】

〒430-0918 浜松市中区八幡町190-1 シャルム八幡1F南 合同会社テラック

【対象】

小学1-6年生 左記以外の年齢のお子様はご相談に応じます。

【定員】

15名

【料金】

33,000円(5,500円×6回)

【講師】

大石 隆示

1952年生まれ/ 公立中学校教諭
砂丘小学校長で定年退職/ 浜松科学館長
浜松こども館長/ 浜松市防災学習センター長
現 浜松市立舞阪中学校非常勤講師
浜松理科教育研究会理事長/ 日本動物学会会員

多田 淑恵

東京大学卒,東京大学大学院修士課程修了。在学中,ドイツ ベルリン・フンボルト大学に留学。大学時代に約5年間,塾講師と家庭教師のアルバイトに従事。日本IBM勤務を経て,合同会社テラックを設立。これからの社会を見据え,問題解決力を養う教育事業を展開する。

【備考】

  • 体験いただいた上でお子様の好きなことを見つけるため,原則全日程・テーマへの参加をお願いします。
  • ご都合が合わない場合はできる限り振り替えにて対応させていただきます。
  • 作った作品はお持ち帰りいただけます。

詳細は以下のチラシをご覧ください。皆様のご参加をお待ちしております!

f:id:terakinc:20211119161254p:plain

子どもに何でも自分で決めさせていますか?親が決めると〇〇な大人になる

親が子どものことを何でも決めると「責任感のない大人」になる

本内容については,スタンドエフエムでもお話ししています。

stand.fm

親が子供の代わりに何でも決めてしまうと「分からない!」と言って考えるのを放棄したり,親に何でも「どうすればいいかな?」と聞いてきたり,自分で決められない子になります。

そして上手くいかないと親のせいにするようになります。「だって自分が決めたんじゃないもん」「お母さん,お父さんが決めたんだから」「自分はこっちの方がいいと思っていた!」というように自分で決断していないので責任感を持つことができません

例えば中学受験をするかしないかについて,親が「中学受験させた方がいい」と考え,子どもに勉強させて中学受験させたとします。志望校に合格したものの,学校で上手くいかないことがあると「私が選んだ学校じゃないし」「本当は地元の中学校に友達と一緒に行きたかった」「お母さん,お父さんが中学受験しなさいっていったから期待に沿っただけ」と言う子がいます。実際にそのような生徒さんを何名も指導したことがありますが,不登校になってしまっている子も少なくありませんでした。

子どもを誘導しようとするのもNG

話を聞いてみると,保護者の方が強制したわけでなく「中学受験した方がいいんじゃない?」と言っただけのパターンもあるようです。しかし親の期待が強いと子どもはそれを敏感に感じ取り「~しなきゃ!」と受け取ることがあります

判断材料を与えて最終決定は子どもに委ねよう

「中学受験した方があなたのためになるよ」「そういう選択肢もあるよ」など色々な選択肢を子どもに提案すること自体はとても良いです。そうすることで子どもの視野が広がり,様々な考え方ができるようになります。

判断材料をなるべくたくさん子どもに与えて,最終的な判断は子どもに任せるようにしましょう。「こうした方があなたに合ってるかなと思うけど,あなたの人生だから自分で決めることが大事だよ」と伝えて子どもに自分で決めてもらいましょう。

何事も自分で決めることが大事です。自分で決めた道であれば、「自分で決めたことだから」と壁にぶつかっても諦めずにやり抜くことができます。他の人が決めた道だと「やっぱりあっちの選択肢の方がよかったな」とできない理由を探してしまいます

日常生活のことでも進路のことでも,何でも子ども自身に最終決定してもらう,親は判断材料をなるべく多く与え,子どもが結論を導き出すのをサポートしてもらえればと思います。

 

★勉強のやり方,成果が出る学習法について,セミナーを開催しています。

f:id:terakinc:20211006133025p:plain

https://reserva.be/terakinc/reserve?mode=service_staff&search_evt_no=93eJwzNjewtDAHAARdAUM

 

 

stand.fm(音声ラジオ)

stand.fm

YouTube

www.youtube.com

Twitter

twitter.com

イベント情報

https://reserva.be/terakinc

f:id:terakinc:20210923102154p:plain

 

 

【関連放送】

stand.fm

stand.fm

stand.fm

 

【関連記事】

blog.terak.jp

blog.terak.jp

他の子と比較して叱るより,子どもの得意なことをとことん伸ばそう

得意なことを突き詰めた方が将来社会で活躍できる

本内容については,スタンドエフエムでもお話ししています。

stand.fm

スタンドエフエムで「子どもの苦手なことについて,つい他の子と比較して感情的に叱ってしまう」というご相談をいただきました。このような声掛けをやめるためには,他の子と比較すること自体意味がないと深く理解することが大切です。

① それができないことは,将来的にどれくらい影響があるか考える

運動が苦手で叱ってしまうとのことでしたが,運動ができないことで将来にどれくらい影響があるでしょうか。運動で評価されるのは小学生くらいまでで,年齢が上がるにつれて勉強面がより重視されるようになってきます。大人になればスポーツ選手等でない限り,運動ができるかどうかは全く気にならないはずです。

「これができないことで将来どれくらい影響があるかな?」とぜひ広い視野を持ちましょう。

② 苦手克服よりも得意なことを伸ばすことが大事

社会で活躍している人は自分の得意なことを突き詰めた人が多いのではと思います。自分の適性や強みを生かして,価値を発揮することで他の人にはできない仕事ができます

例えば芸人さんなら,おもしろいことを考える発想力や皆を喜ばせるトーク力をとことん磨いているはずです。「他の人と比べて勉強ができない」「運動音痴で……」と苦手なことを気にするよりも,自分が得意なこと・好きなことを突き詰めてきたのだと思います。

研究者の方で運動ができなかったり,人とコミュニケーションが苦手だったりする方もいるかもしれませんが,「運動ができなくて恥ずかしい」「他の人と比べて自分は友だちが少なくて……」「コミュニケーションが下手なんです」など気にしていないと思います。

もちろんバランスは大事で,苦手なものを全くやらないのも良くありませんが,苦手なことばかりに目を向けるよりも,自分が好きなこと・得意なことをとことん伸ばした方が,将来社会で活躍できます。

好きなこと・得意なことを突き詰めて「これだけは誰にも負けない!」というものを作った方が自信にも繋がり,苦手なことも気にならなくなるはずです。

他の子と比べてできない点を叱るよりも,ぜひお子様の好きなこと・得意なことを見つけて打ち込んでもらいましょう。

 

★勉強のやり方,成果が出る学習法について,セミナーを開催しています。

f:id:terakinc:20211006133025p:plain

https://reserva.be/terakinc/reserve?mode=service_staff&search_evt_no=93eJwzNjewtDAHAARdAUM

 

 

stand.fm(音声ラジオ)

stand.fm

YouTube

www.youtube.com

Twitter

twitter.com

イベント情報

https://reserva.be/terakinc

f:id:terakinc:20210923102154p:plain

 

 

【関連放送】

stand.fm

stand.fm

stand.fm

 

【関連記事】

blog.terak.jp

blog.terak.jp

【自ら考え学ぶ子に育てるために】小学校低学年でやっておきたいことや気を付けたいこと~声掛けや勉強,習い事など

自ら考え学ぶ子に育てるために,小学校低学年でやっておきたい家庭教育や気を付けたいことについてご紹介します。本内容については,スタンドエフエムでもお話ししています。

stand.fm

①無理に難しい勉強をさせない

学校の勉強は基礎的な内容なのできちんと取り組んでおいた方が良いですが,「難しいものをやらせた方がいいんじゃないか?」と子どものレベルを遥かに上回る教材に取り組ませる方がいます。子どもが勉強好きで自ら「やりたい!」と言う場合を除き,無理に難しいものに取り組ませると勉強嫌いになってしまうので注意しましょう。

具体的には,くもんや学研のドリルができれば十分です。夏休みや学年末にくもんや学研の基礎的なドリルで総復習をして取りこぼしがないようにしておけば,学年が上がっても,中学校に上がっても困ることはないと思います。

以下の記事でも詳しくご紹介しています。

blog.terak.jp

②良くなった点や成長した点を褒める

「集中して勉強できる時間が増えてきたね」「前は間違えていたのに正解が増えてきたね」「ひらがながきれいに書けるようになったね」など,良くなった点を積極的に褒めるようにしましょう。「できないことができるようになった!」と子どもが感じられると,学ぶことが楽しくなるはずです。

保護者の方に褒めてもらえると「お父さん,お母さんはきちんと見ていてくれるんだな~」と子どもは嬉しくなって,もっと頑張ることができます。ぜひ良くなった点や成長した点を具体的に褒めましょう

③子どもの好きなことを見つけ打ち込ませる

小学校低学年は勉強が本格化していないので,子どもが好きなことを見つける良い時期です。子どもが本当に好きなことに取り組むことで,「どうやったら上達するんだろう?」と考えて試行錯誤する姿勢が身につきます。音楽でもスポーツでも,創作活動でも何でも良いので,子どもがやりたいこと・好きなことにぜひ打ち込ませてあげましょう。

無理やり勉強に取り組ませても,集中力や粘り強さ,やり抜く力は身につきません。子どもの好きなことに取り組んでもらうのが一番です。

東大生は何かしら勉強以外の特技がある人が多いです。部活で賞を取っていたり,楽器の演奏が上手だったり,ものづくりのクオリティが高かったり,一芸に秀でている人が多いです。勉強ばかりしてきたのではなく,自分の好きなことを通して集中力ややり抜く力を養い,それを勉強に生かしたからこそ,東大に合格したのだと思います。

東大に合格するには1日10時間の勉強を1年,2年と続ける必要があります。頭の良し悪し以上に,情熱を持って学び続けられるかが重要です。好きなことをやり抜けなければ,勉強もやり抜くことができないでしょう。

「どんな勉強をさせたらいいのでしょうか?」「小2だから学校の勉強が簡単すぎて」「宿題以外もやらせた方がいいのでしょうか?」という質問を受けることがありますが,勉強だけが学びではなく,習い事を通して子どもが自分で考え成長していくことも学びです。

小学4年生ごろから勉強が難しくなり,なかなか時間も取れなくなるので,ぜひ低学年のうちに取り組んでおいてください。

 

★勉強のやり方,成果が出る学習法について,セミナーを開催しています。

f:id:terakinc:20211006133025p:plain

https://reserva.be/terakinc/reserve?mode=service_staff&search_evt_no=93eJwzNjewtDAHAARdAUM

 

 

stand.fm(音声ラジオ)

stand.fm

YouTube

www.youtube.com

Twitter

twitter.com

イベント情報

https://reserva.be/terakinc

f:id:terakinc:20210923102154p:plain

 

 

【関連放送】

stand.fm

stand.fm

stand.fm

【関連記事】

blog.terak.jp

blog.terak.jp

 


高校での勉強は必要か?ドイツの教育制度との比較など

高校での勉強は社会で役に立たない!?

本内容については,スタンドエフエムでもお話ししています。

stand.fm

スタンドエフエムで次のような質問をいただきました。

f:id:terakinc:20211027214919p:plain

確かに高校での学習内容は,小学校・中学校でのそれと比べて専門性が高く,学んだ知識・考え方は就く職業によってはほとんど使わないでしょう。

高校での学習は「学問の入り口」

私は高校での勉強が面白いなと感じましたが,その理由は「学問の入り口」という印象を受けたからです。中学校までの学習内容は,じっくりと考え抜くものよりも,単純な処理能力を問われるものだったり,やり方が分かっていたら解けるものが多かったりします。しかし,高校での学習内容は「考える比率」が高くなってきます

特に高校での現代文を初めてみたとき,衝撃的でした。私は国語が得意でしたが「日本語なのに意味が分からないってことがあるんだ!」と驚き,逆に感激しました。同時に日本語の奥深さや面白さを感じました。

国語に限らず,ほかの教科の学習についても,中学校以前では感じたことのない難しさ,醍醐味を感じました。大学に入ってようやくはじめて「学問をする」という印象を個人的に持っていますが,高校はその入り口を体験できる貴重な機会だと思います。

目標を設定し達成する力が養われる

学習内容が難しくなる中で,目標や計画を自分で立て,達成していくことはますます困難になります。問題解決力,考える力が問われます。上手くいかないことも多いので粘り強さも養われます。

私にとってはゲームのレベルがどんどん上がっている感覚で,「どうやったらこんな難しい問題を解けるようになるのかな?」「どうやったら成績を上げられるかな?」「計画を工夫してみたらどうかな?」と試行錯誤するのが楽しかったです。これはボスを倒す前に戦略を練るワクワク感と似ています。

このように私は勉強嫌いではなく,ゲーム感覚で楽しめていましたが,勉強に興味が無い子にとっては高校の学習内容は苦痛なのかもしれません。

ドイツでは10歳で進路選択をする

ちなみに日本では15歳までが義務教育ですが,ドイツでは10歳までが初等教育で,そこから職業教育と高等教育に進路が分かれます。職業教育では職人のもとで実践的な教育を受けます。高等教育は大学進学を目指して学習します。職業教育から大学進学には進むことができません。

10歳で進路を決めるのは難しいかもしれませんが,勉強に興味がない場合や特定の職業に就きたいという希望が明確な場合は,良い制度だと感じます。

だから「高校での学習はやる必要があるのかな?」「面白くないな」「自分は興味がないな」と感じる方がいらっしゃるのは,全くおかしいことではありません。子どもの興味や就きたい職業に応じて,最適な進路を選び取っていきましょう

 

★勉強のやり方,成果が出る学習法について,セミナーを開催しています。

f:id:terakinc:20211006133025p:plain

https://reserva.be/terakinc/reserve?mode=service_staff&search_evt_no=93eJwzNjewtDAHAARdAUM

 

 

stand.fm(音声ラジオ)

stand.fm

YouTube

www.youtube.com

Twitter

twitter.com

イベント情報

https://reserva.be/terakinc

f:id:terakinc:20210923102154p:plain

 

 

【関連放送】

stand.fm

stand.fm

stand.fm

 

【関連記事】

blog.terak.jp

blog.terak.jp

「~しなさい」と言うのではなく,子ども自ら気づけるように導こう

子どもが自ら気づけば行動が変わる

本内容については,スタンドエフエムでもお話ししています。

stand.fm

教室に通ってくださっている生徒さんの中に,計算ミスが多い子がいました。ホワイトボードに大きく筆算を書いて,「前のホワイトボードで計算してみない?」と声を掛けました。

以前に計算間違いしていた問題ばかりをホワイトボードに書きましたが,ホワイトボードを使って計算してみると全問正解でした。「前は全部間違えていたけど,今回は全問正解だったね!すごいね」と声を掛けました。

すると生徒さんが「分かった!字を大きく書いたのが良かったんだ!」「スペースを広く空けて字を大きく書けば,ミスしないんだ」「これから自分一人で計算するときも気を付けよう!」と言ってくれました。

このように子どもが自分で気づけるように導くことはとても大切です。「字を綺麗に書きなさい!」と言うことは簡単ですが,それではなかなか子どもの行動が変わりません。そのため「~しなさい!」と言い続けなければいけなくなります。子ども自ら「こうすれば上手くいくんだ!」と気づけば,次から自分で気を付けられるようになるため,周囲がガミガミ言わずに済みます

気づきを促して子どもの考える力を育もう

「~しなさい!」と子どもに指示すると,自分で考えられない子になり,指示待ち人間に育ちます。「この方法でやってみない?」と提案して子どもに実践してもらい,「こうすればいいんだ!」と子ども自ら気づきを得ることが大切です。ぜひご家庭でも意識してみてください。

 

★勉強のやり方,成果が出る学習法について,セミナーを開催しています。

f:id:terakinc:20211006133025p:plain

https://reserva.be/terakinc/reserve?mode=service_staff&search_evt_no=93eJwzNjewtDAHAARdAUM

 

 

stand.fm(音声ラジオ)

stand.fm

YouTube

www.youtube.com

Twitter

twitter.com

イベント情報

https://reserva.be/terakinc

f:id:terakinc:20210923102154p:plain

 

 

【関連放送】

stand.fm

stand.fm

stand.fm

 

【関連記事】

blog.terak.jp

blog.terak.jp

塾に行くより家庭教育が大事な理由

家庭教育は子どもの土台を形成し,将来を左右する

本内容については,スタンドエフエムでもお話ししています。

stand.fm

家庭教育はとても大事なテーマです。だからこそ私は保護者様向けに情報発信していますが,今回はその理由についてお伝えしたいと思います。

① 子どもの性格や考え方は家庭教育で形成されるから

子どもの教育と言うと,塾に入れれば解決すると考える方がいますが,実はそうではありません。性格や考え方の土台の部分は家庭教育で形成され,それが勉強面にも大きく影響してきます。

例えば,いつも家で勉強についてガミガミ叱られて勉強嫌いになってしまった子を塾に入れても,なかなか成果は出ないと思います。根柢にある「勉強嫌い」という部分を取り除かないことには,塾に行っても授業をきちんと聞けなかったり,宿題をやらなかったりという状況に陥ってしまいます。保護者の方の声掛けで勉強嫌いになってしまっている場合は,やはりその声掛けを変えなければ,塾に行っても成果が出ないままです。

勉強に対する拒否反応や「自分はどうせできないんだ!」というマイナス思考,難しい問題が出てきたら諦めてしまい簡単な問題ばかり取り組む,できていないのに「できた!」と嘘を付くというような子どもの言動も,家庭教育に原因があることが多いです。

子どもの性格・考え方の土台は小学4年生くらいまでにほぼ出来上がってしまい,それ以降に変えるにはかなりの時間を要します。子どもの考え方を変えなければ勉強の成果は出ないので,改善に数年かかってしまい,受験に間に合わないこともあります。

勉強も習い事も,どんなスキルの習得にも前向きに取り組み,ぐんぐん吸収できるような素地を,お子様が小さいうちにご家庭で作っておいていただきたいと考え,効果的な家庭教育について発信しています。

② 塾よりも家庭で過ごす時間の方が長いから

塾にいる時間は週に数時間なので,家庭で過ごす時間の方が圧倒的に長いです。そして家庭でどのように学習するかで,塾で学習した内容を定着させられるかどうかが決まります。同じ塾に行っても成績が上がる子と上がらない子がいるのは,家庭学習の差です。

宿題をどのようにやるか,丸付け・やり直しをきちんとしているか,間違えた問題を繰り返しやり直しているか,どのように暗記するかなど,自分で試行錯誤できる子は成績が伸びますが,自分に合った勉強法を見つけられない子は成績が伸びないままです。

「なぜ塾に通っているのに成績が伸びないんだろう?」「効果的な学習法ってどんなものだろう?」「勉強面で子どもにどう関わればいいか分からない」とお悩みの保護者様に向けて,効果的な学習法や声掛け・接し方を発信しています。

子どもの年齢が小さかったり,勉強が苦手だったりする場合,保護者の方が効果的に関わることで,子どもは自分に合った学習法を見つけ,成果を出し自信を付けることができます。

③子どもの進路や習い事の決定権は親にあるから

子どもが「将来こういうふうになりたい!」「こんな習い事をやりたい!」と思っていても,決定権は保護者の方にあります

私は高校時代,進学校に通っていましたが,親から勉強を押し付けられ自分のやりたいことをやらせてもらえずに不登校になったり,ニートになってしまった子を見てきました。

一族が医者だから「医者になりなさい」と言われて育ち,自らの意思に反して医者になったら,やはり仕事が楽しいと思えず毎日が辛いという知り合いもいます。

大学時代に塾講師のアルバイトをしていたときも,子どもの適性に合った進路よりも親が歩ませたい進路に進ませる家庭を見てきましたが,子どもはあまり幸せそうではありませんでした。

一人でも多くの保護者の方に子どもの幸せについて考えていただく,親と子を切り離して考えてもらう,それが子どもの幸せに繋がり,ひいては日本社会で幸せな人を増やすことに繋がるのではという思いを持っています。

私の情報発信が少しでも皆様のお役に立つといいなと思っています。

 

★勉強のやり方,成果が出る学習法については,セミナーを開催しています。

f:id:terakinc:20211006133025p:plain

https://reserva.be/terakinc/reserve?mode=service_staff&search_evt_no=93eJwzNjewtDAHAARdAUM

 

 

stand.fm(音声ラジオ)

stand.fm

YouTube

www.youtube.com

Twitter

twitter.com

イベント情報

https://reserva.be/terakinc

f:id:terakinc:20210923102154p:plain

 

 

【関連放送】

stand.fm

stand.fm

stand.fm

stand.fm

 

【関連記事】

blog.terak.jp

blog.terak.jp

子どもが何かできないとき「頑張りが足りない!」という発想をやめよう

頑張りたくても「頑張り方」が分からない

本内容については,スタンドエフエムでもお話ししています。

stand.fm

子どもが何かできないとき,「頑張りが足りないからだ」と考え,「もっと頑張りなさい!」と声掛けする方がいらっしゃるかもしれません。

しかし,頑張りたくても頑張り方が分からないという子はたくさんいます。怠けて叱られたいと思っている子はいません。頑張りたいけれども,頑張り方が分からないからやる気が出ない,周りからやる気がないように見える子は少なくありません。

私の教室にも「うちの子は本当にやる気がないんです」と保護者の方が悩んで相談に来られる場合があります。お子様の指導を担当すると,やる気がないというより,頑張りたいけどどうしていいか分からない,自分なりに頑張ってみたけれども成果が出ず,やる気をなくしてしまったという子が大半です。

大人から見ると勉強を嫌がったり,宿題をやったと嘘をついたり,問題行動を起こしているので,「もっと頑張りなさい!」「頑張りが足りない!」と言いたくなるでしょう。しかし子ども自身も,頑張りたくても頑張り方が分からない状態で苦しんでいます。そんなところに「もっと頑張りなさい!」と言われると,突き放されたような気分になり,心を閉ざしてしまいます。

「頑張り方」を子どもと一緒に考える

勉強でも,習い事でも,片付けなど身の回りのことでも,子どもが何かできないときに「もっと頑張りなさい!」と言うのではなく,一緒に頑張り方を考えましょう。「こうなったらもっといいね」「どうやったらできそうかな?」「こういう方法はどうかな?」と,前向きに目標や対策を考えられるような声掛けをしましょう。

教室に通ってくれている生徒さんも,頑張り方を一緒に考えると,自ら勉強に取り組めるようになります。「ここができるともっと良いと思うんだけどどうかな?」「そのためにこのページを宿題にするね」「分からなかったら空欄でいいから,できる問題だけ考えてきて」「自分でまずは考えることが大事だよ」など伝えると,保護者の方がガミガミ言わなくても,生徒さん自身で宿題に取り組めるようになります。このように宿題のやり方,勉強の進め方など,頑張り方が分かれば,子どもはやる気を出して取り組んでくれます。ぜひご家庭でも意識してみてください。

 

★勉強のやり方,成果が出る学習法については,セミナーを開催しています。

f:id:terakinc:20211006133025p:plain

https://reserva.be/terakinc/reserve?mode=service_staff&search_evt_no=93eJwzNjewtDAHAARdAUM

 

 

stand.fm(音声ラジオ)

stand.fm

YouTube

www.youtube.com

Twitter

twitter.com

イベント情報

https://reserva.be/terakinc

f:id:terakinc:20210923102154p:plain

 

 

【関連放送】

stand.fm

stand.fm

stand.fm

 

【関連記事】

blog.terak.jp

blog.terak.jp